『中国戦線従軍記 ~歴史家の体験した戦場 ~ 』の詳細情報

中国戦線従軍記
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 中国戦線従軍記
サブタイトル 歴史家の体験した戦場
著者 [著者区分]■藤原 彰 [著・文・その他]
■藤原 彰 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1120円 シリーズ 岩波現代文庫
ページ数 278p Cコード 0121
発売予定日 2019-07-18 ジャンル 一般/文庫/日本歴史
ISBN 9784006004071 判型
内容紹介
弱冠19歳で陸軍少尉に任官し、敗戦までの4年間、小隊長、中隊長として最前線で指揮をとった著者は、戦後、その経験をベースに戦争史研究を切り拓き、牽引した。著者がその人生を閉じる直前にまとめた本書は、歴史家の透徹した目を通して日本軍のありさまと兵士・将官たちの日常を描き出した「従軍記」であるとともに、優れた兵士論・戦場論にもなっている。(解説=吉田 裕)
目次
はじめに

序節 士官学校へ入るまで


Ⅰ 華北警備の小・中隊長
 陸士を出て中国へ
 景和鎮の駐屯地
 討伐戦と民衆
 チフスで死にかかる
 劉窩分屯隊長
 冀東へ移駐
 聯隊旗手の日々
 中隊長となる
 中隊の軍紀風紀
 関東軍へ移る
 一号作戦参加命令


Ⅱ 大陸打通作戦黄河を渡る
 郾城の戦闘
 長台関の悲劇
 湘桂作戦はじまる
 中隊の単独行動
 茶陵西側高地の夜襲
 陣地の攻防
 黎明攻撃と負傷
 野戦病院にて
 関舗西側高地の攻撃
 茶陵の滞陣
 次期作戦の準備


Ⅲ 遂贛作戦遂贛作戦の開始
 遂川挺進隊
 飛行場から県城へ
 贛州から新城へ


Ⅳ 中国戦線から本土決戦師団へ
 歩兵学校への転勤命令
 決戦師団の大隊長
 敗戦を迎える


終節 歴史家をめざす


【付録】
ある現代史家の回想
 一 史学科の学生として
 二 現代史に取組む
 三 『昭和史』のころ
 四 軍事史を専門に
 五 一橋大学へ
 六 現代史を組織する
 七 『天皇制と軍隊』について


解 説……………吉田 裕
他の書籍を検索する