『政治と複数性 ~民主的な公共性にむけて ~ 』の詳細情報

政治と複数性
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 政治と複数性
サブタイトル 民主的な公共性にむけて
著者 [著者区分]■齋藤 純一 [著・文・その他]
■齋藤 純一 [著・文・その他]
■齋藤 純一 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1620円 シリーズ 岩波現代文庫
ページ数 402p Cコード 0131
発売予定日 2020-11-17 ジャンル 一般/文庫/政治-含む国防軍事
ISBN 9784006004262 判型
内容紹介
「余計者」を無視し、黙殺し、遠ざけようとする脱-実在化の暴力に抗し、それぞれの位置から語られる言葉に敬意を払い、一人ひとりの政治的存在者としての現われを相互に保障しあう。アーレントやハーバーマスの議論を踏まえ、排他的な同質性の政治を批判的に問い直す、内向きに閉じない社会統合の可能性を切り開く書。
目次
はじめに――「見棄てる」という暴力に抗して


I

第一章 デモクラシーと複数性
 一 政治的存在者としての処遇
 二 ラディカル・デモクラシーの条件
 三 人びとの間の複数性と内的複数性
 四 自己倫理の政治的含意
 五 受苦への応答と意見の政治

第二章 デモクラシーと社会統合
 一 社会の脱-統合化への対応
 二 ナショナルな統合の再生――リベラル・ナショナリズム
 三 ポスト・ナショナルな社会統合の構想――憲法パトリオティズム
 四 デモクラシーによる社会統合


II

第三章 表象の政治/現われの政治
 一 現われの封鎖
 二 現われの空間と表象の停止
 三 アゴニズムと反本質主義
 四 パーリアと政治的抵抗の公共圏
 五 「聴くこと」の政治

第四章 公共性の二つの次元
 一 公共性と非共約性
 二 生の二元化――ビオスとゾーエー
 三 ニーズ解釈の政治
 四 セキュリティ・ユニット
 五 「見棄てられた境遇」と親密圏
 六 現われの公共性


III

第五章 社会の分断とセキュリティの再編
 一 自然状態の黙認?
 二 「社会的なもの」と集合的なセキュリティ
 三 集合的セキュリティの後退
 四 能動的な自己統治
 五 社会的排除とアンダークラス
 六 生活空間の隔離
 七 自由の社会的条件

第六章 社会的連帯の理由
 一 社会の持続可能性と連帯
 二 社会的連帯とその現状
 三 社会的連帯による生活保障
 四 社会的連帯の理由

第七章 親密圏のポリティックス
 一 親密圏の再-記述
 二 親密圏と場所の剝奪
 三 社会的なものと親密圏
 四 親密圏の危機
 五 親密圏の政治


IV

第八章 政治的責任の二つの位相
 一 不正義の感覚
 二 集合的責任としての政治的責任
 三 政治文化の継承
 四 「日本人」としての名指し
 五 普遍的責任としての政治的責任

第九章 丸山眞男における多元化のエートス
 一 ナショナル・デモクラシーから結社形成的デモクラシーへ
 二 「権力の偏重」と価値の多元化
 三 正統的思考の問題化
 四 精神的雑居性と惑溺の間
 五 「土着主義」批判という陥穽
 六 経験の単独性とアイデンティティの相剋


あとがき
岩波現代文庫版あとがき
他の書籍を検索する