『民主主義の危機 ~AI・戦争・災害・パンデミック--世界の知性が語る地球規模の未来予測 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 民主主義の危機
サブタイトル AI・戦争・災害・パンデミック--世界の知性が語る地球規模の未来予測
著者 [著者区分]大野和基 [著・文・その他]
出版社 朝日新聞出版 レーベル
本体価格
(予定)
870円 シリーズ 朝日新書
ページ数 224p Cコード 0230
発売予定日 2024-03-13 ジャンル 一般/新書/社会科学総記
ISBN 9784022952622 判型 新書(B40)
内容紹介
ウクライナ戦争や中東での衝突など世界は不透明度を増している。ポピュリズムのさらなる台頭、災害やパンデミックという不測の事態、AIの利用などをめぐって世界はどう変わっていくのか。かつてない民主主義の危機に今、世界で最も注目される知性の言葉からヒントを探る。聞き手・大野和基氏。
目次
Chapter1:第3次世界大戦への危機――ウクライナ戦争から見る民主主義/イアン・ブレマー
Chapter2:「寛容」が損なわれる世界――リベラリズムの危機/フランシス・フクヤマ
Chapter3:衰退期に差し掛かるアメリカ――岐路に立つ民主主義の二面性/ニーアル・ファーガソン
Chapter4:「文明の衝突」は終わらない――歴史を進歩させるダイナミズム/ジョセフ・ナイ
Chapter5:社会規範に根ざしたバランス感覚――国家権力と社会のあり方を浮き彫りにしたパンデミック/ダロン・アセモグル
Chapter6:日本人にイノベーションは起こせるか――“Think Bigger” 誰もが使える体系的アプローチ/シーナ・アイエンガー
Chapter7:民主主義の後退はなぜ起きているのか――自らの失敗を忘れたアメリカ/ジェイソン・ブレナン
他の書籍を検索する