『新訳 ジキル博士とハイド氏』の詳細情報

新訳 ジキル博士とハイド氏
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 新訳 ジキル博士とハイド氏
サブタイトル
著者 [著者区分]■スティーヴンソン [著・文・その他]
■スティーヴンソン [著・文・その他]
■スティーヴンソン [著・文・その他]
■田内 志文 [翻訳]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
400円 シリーズ 角川文庫
ページ数 144p Cコード 0197
発売予定日 2017-04-25 ジャンル 一般/文庫/外国文学小説
ISBN 9784041023259 判型 文庫(A6)
内容紹介
ロンドンで弁護士業を営んでいるアタスンは、友人のジキルから遺言状を預かっていた。自分が死亡、3ヶ月以上行方不明、もしくは不在だった場合、恩人であるハイドに全財産を譲渡するという内容のものである。不審に思ったアタスンは、憎悪を抱かせるハイドを調べようとするものの、ジキルに止められてしまう。その後、街で殺人事件が発生し――。人間は一者ではなく二者から成るものである……善悪の二面性に焦点を当てた世界的名作。

【アンドルー・ラングは「スティーヴンソンの奇抜な言動と風貌は男たちを虜にした。彼は私が会った男たちの中でも、男たちを恋に落とす力を飛び抜けて持っている人物であった」と書いている。(中略)クレア・ハーマンは「スティーヴンソンは、特に女性とともに過ごすことを好んだ」ものの「自らが同性に対して持つ性的魅力に彼が気付いていなかったとは考えにくく、むしろそれを楽しんでいた節がある」と解説している。彼自身はいわゆるストレートだったものの、そうした秘密の男世界については熟知していたのだろう。無論、ふたつの人格を持つ不気味な人物が巻き起こす恐ろしい事件を描いた怪奇小説として読んでも本書が十分に面白いのは間違いないが、そうしたことも踏まえてページをめくってみると、本書の持つ面白みがいっそう深まるのではないかと思っている】(訳者あとがきより)
目次
他の書籍を検索する