『解毒 エホバの証人の洗脳から脱出したある女性の手記』の詳細情報

解毒 エホバの証人の洗脳から脱出したある女性の手記
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 解毒 エホバの証人の洗脳から脱出したある女性の手記
サブタイトル
著者 [著者区分]■坂根 真実 [著・文・その他]
■坂根 真実 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1700円 シリーズ
ページ数 280p Cコード 0095
発売予定日 2016-01-23 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784041037096 判型 46
内容紹介
幼少時から家族でエホバの証人に入信した女性の苦悩に満ちた半生と洗脳が解けるまでを描くノンフィクション。DV、2度の離婚、自殺未遂、家族との断絶を経て、どん底から彼女はアイデンティティを確立していく
目次
第1章 誕生
第2章 青春
第3章 結婚
第4章 師匠
第5章 脱会
第6章 自立
著者略歴(坂根 真実)
1977年、東京都生まれ。物心がついたころには家族ぐるみでエホバの証人に入信していた。エホバの教育を受けて育ち、21歳でエホバ信者と結婚するがDVに苦しみ離婚。その後、エホバではタブー中のタブーである再婚をしたことで「排斥」という処分を受け、家族と引き裂かれることに。2度目の結婚でもDVを受け、離婚。ストレスでアトピー性皮膚炎を発症し入院。それでも洗脳が解けず一人で集会に通い続ける。しかしあることをきっかけに洗脳が解け、アイデンティティを取り戻していく。
著者略歴(坂根 真実)
1977年、東京都生まれ。物心がついたころには家族ぐるみでエホバの証人に入信していた。エホバの教育を受けて育ち、21歳でエホバ信者と結婚するがDVに苦しみ離婚。その後、エホバではタブー中のタブーである再婚をしたことで「排斥」という処分を受け、家族と引き裂かれることに。2度目の結婚でもDVを受け、離婚。ストレスでアトピー性皮膚炎を発症し入院。それでも洗脳が解けず一人で集会に通い続ける。しかしあることをきっかけに洗脳が解け、アイデンティティを取り戻していく。
他の書籍を検索する