『イコ トラベリング 1948-』の詳細情報

イコ トラベリング 1948-
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル イコ トラベリング 1948-
サブタイトル
著者 [著者区分]■今日 マチ子 [著・文・その他]
■角野 栄子 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 304p Cコード 0093
発売予定日 2022-09-28 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041072110 判型 46
内容紹介
1948年、終戦後の日本。中学2年になったイコの周囲には、やけどを負った同級生や傷痍軍人の物乞いなど、今だ戦争の傷跡が多く残されていた。母を早くに亡くしいつも心のどこかに不安を抱えるイコだったが、英語の授業で習った【~ing=現在進行形】にがぜん夢中になる。「現在進行形、今を進むという事!」急展開で変わっていく価値観に戸惑いながら、イコは必死に時代をつかもうとする。そして「いつかどこかへ行きたい。私ひとりで」そう強く願うようになる。でもまだ、日本からの海外渡航が許されない時代。手段も理由も見つからないまま大学を卒業したイコに、ある日大きなチャンスが巡ってくる……。「魔女の宅急便」の著者・世界的児童文学作家、角野栄子の『トンネルの森 1945』に続く自伝的物語。戦後の日本を舞台に、懸命に自分の路を探す少女の成長をエスプリとユーモア溢れるタッチで描く著者の原点ともいうべき作品。87歳、角野栄子は今も現在進行形だ!

目次
大西洋
市ヶ谷 イコ 十三歳 
市ヶ谷 イコ 十六歳
早稲田 イコ 十八歳 
新宿 イコ 二十二歳 
太平洋
著者略歴(角野 栄子)
東京・深川生まれ。大学卒業後、紀伊國屋書店勤務を経て24歳からブラジルに2年滞在。1970年作家デビュー。代表作『魔女の宅急便』は89年ジブリアニメ作品として映画化、その後舞台化、実写映画化された。野間児童文芸賞、小学館文学賞等受賞多数。紫綬褒章、旭日小綬章を受章。2016年『トンネルの森 1945』で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、18年3月に「小さなノーベル賞」と言われる国際アンデルセン賞作家賞を、日本人3人目として受賞。24年11月に江戸川区角野栄子児童文学館がオープン予定。
他の書籍を検索する