『架僑 中国を第二の故郷にした日本人』の詳細情報

架僑 中国を第二の故郷にした日本人
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 架僑 中国を第二の故郷にした日本人
サブタイトル
著者 [著者区分]竹内 亮 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1700円 シリーズ
ページ数 272p Cコード 0095
発売予定日 2022-03-02 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784041073735 判型 46
内容紹介
黄河の農村に誕生した71歳インフルエンサー。
中国式漫画ビジネスに挑む漫画家。
定年退職後に語学力ゼロでカレー屋を興した男。
中国在住の大人気ドキュメンタリー監督が全土を駆け回り、中国人の心を震わせた人びとを描くルポ!
中国は雑踏から見るほうが面白い――。

彼らが見た現実。彼らから見える実態。
■中国テレビ界のスターとなった男
■中国建国記念パレードで行進した日本人
■大連で奮闘するシングルマザー
■「妻」でなく「私」を目指した女性起業家
■「中国版シリコンバレー」に集う挑戦者たち
■中国映像界を駆け上がるドキュメンタリー監督

「我住在這里的理由(私がここに住む理由)」。中国で大人気を博すドキュメンタリー番組で累計再生回数は6億回を超える。
この番組では、2015年より日本に住む中国人と中国に住む日本人、約300人が登場してきた。
本書は特に濃い人を厳選し、カメラをペンに変えて描いたルポである。
巨龍を動かすのは、市井の人びとだ。

【目次】
まえがき
第一章 黄河の農村の七一歳インフルエンサー 農業家・川崎広人
第二章 中国式漫画ビジネスに挑む 漫画家・浅野龍哉
第三章 中国テレビ界のスター 俳優・矢野浩二
第四章 中国建国記念パレードで行進した日本人がいる 安達一家 
第五章 シングルマザー奮戦記 会社員・松尾梨恵
第六章 「歌舞伎町の案内人」から「政治家」へ  事業家・李小牧
第七章 富裕層が見た中国社会 起業家・星本祐佳
第八章 挑戦者は「中国版シリコンバレー」に集う  ビジネスマンの群像
第九章 武漢でカレー屋を興した老人  店主・嶋田孝治
終章 中国映像界を駆け上がる  ドキュメンタリー監督・竹内亮
目次
まえがき
第一章 黄河の農村の七一歳インフルエンサー 農業家・川崎
黄河流域に住む有名な日本人/会社の歯車からインフルエンサーへ/中国の農民は農業では食えない/中国トイレ革命/「ここで死ぬ」 etc.
第二章 中国式漫画ビジネスに挑む 漫画家・浅野龍哉
中国では珍しい「典型的な日本人」/中国式の漫画ビジネスとは/縦型漫画の時代/北京在住漫画家の生活/小心者の売れない漫画家が、なぜ北京に?/「ここにいれば、きっと良い作品が作れると思う」
第三章 中国テレビ界のスター 俳優・矢野浩二
数年越しのオファー/老若男女に知られた男/日本と中国の撮影現場はぜんぜん違う/「映像制作レベルは中国の勝ち?」/芸能界で生き残るコツ/「挑戦してみたかったんだ」 etc.
第四章 中国建国記念パレードで行進した日本人がいる 安達一家 
国共内戦の英雄だった日本人がいた/公に出る機会が失われていた事実/建国記念パレードに参加した人々/中国で起きた冷静で好意的な反応 etc.
第五章 シングルマザー奮戦記 会社員・松尾理恵
日本人シングルマザー、中国で暮らす/中国、東北人の人情/日本のほうがリスクは高い/誓い/「うちの会社にきませんか?」 etc.
第六章 「歌舞伎町の案内人」から「政治家」へ  事業家・李小牧
「国賊」とされた男/中国人が日本の選挙に立候補する/李小牧は政治家になって何をしたいのか?/意外な選挙結果/「自由だから」 etc.
第七章 富裕層がみた中国社会 起業家・星本祐佳
中国のリアル金持ちたち/犬小屋より狭い部屋/格差社会で渦巻く金持ちに対する嫉妬/祖父は共産党の英雄/結婚できない男たち etc.
第八章 挑戦者は「中国版シリコンバレー」に集う  
日本人ブームが去った後の深セン/平均年齢二〇代の集いに突撃/ホンニャクコンニャクで、世界をつなげる!/好き一割、興味ない六割、嫌い三割 etc.
第九章 武漢でカレー屋を興した老人  店主・嶋田孝治
ロックダウンされた街/大人気の日本風カレー/カレーロードをつくる/なぜ武漢でカレー屋を?/二〇二〇年一月二三日、武漢ロックダウン/「今の人生は一〇〇点満点だよ」 etc.
終章 中国映像界を駆け上がる  ドキュメンタリー監督・竹内亮
中国移住は反対された/運命を変えた一本 二〇二〇年三月二日配信《新規感染者ゼロの街》/取材ラッシュ! 日中メディアの違い/武漢到着/一〇日間で、一〇人の物語を撮る/六月一〇日 撮影終了、南京へ/葛藤/ファーウェイに突撃/「おもしろき ことだらけの中国でおもしろく」 etc.
著者略歴(竹内 亮)
1978年生まれ。南京在住。ドキュメンタリー監督として、テレビ番組の企画・演出を手掛ける。テレビ東京『ガイアの夜明け』『未来世紀ジパング』、NHK 『世界遺産』『長江 天と地の大紀行』等を制作。2007年ギャラクシー作品賞を受賞。2013年に中国に移住し、翌年南京市で映像制作会社「和之夢文化伝播有限公司」を設立。15年『我住在 里的理由(私がここに住む理由)』の制作を開始。日本に住む中国人、中国に住む日本人の視点から、それぞれの国の社会を伝える番組で、300人以上を取り上げてきた。
他の書籍を検索する