『或阿呆の一生・侏儒の言葉』の詳細情報

或阿呆の一生・侏儒の言葉
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 或阿呆の一生・侏儒の言葉
サブタイトル
著者 [著者区分]■芥川 龍之介 [著・文・その他]
■芥川 龍之介 [著・文・その他]
■芥川 龍之介 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
680円 シリーズ 角川文庫
ページ数 400p Cコード 0193
発売予定日 2018-11-22 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041075876 判型 文庫(A6)
内容紹介
時代を先取りした「見えすぎる目」がもたらした悲劇。自らの末期を意識した凄絶な心象が描かれた遺稿「歯車」「或阿呆の一生」、最後の評論「西方の人」、箴言集「侏儒の言葉」ほか最晩年の作品を収録。
目次
著者略歴(芥川 龍之介)
1892年東京生まれ。母の実家・芥川家で養育され、一高を経て東京帝大英文科を卒業。在学中に「新思潮」創刊に参加、また「羅生門」を発表して注目を集め、「鼻」は夏目漱石の絶賛を受ける。多彩な題材をもとに小説の技術的洗練と形式的完成を追求したが、1927年睡眠薬自殺。
著者略歴(芥川 龍之介)
1892年東京生まれ。母の実家・芥川家で養育され、一高を経て東京帝大英文科を卒業。在学中に「新思潮」創刊に参加、また「羅生門」を発表して注目を集め、「鼻」は夏目漱石の絶賛を受ける。多彩な題材をもとに小説の技術的洗練と形式的完成を追求したが、1927年睡眠薬自殺。
著者略歴(芥川 龍之介)
1892年東京生まれ。母の実家・芥川家で養育され、一高を経て東京帝大英文科を卒業。在学中に「新思潮」創刊に参加、また「羅生門」を発表して注目を集め、「鼻」は夏目漱石の絶賛を受ける。多彩な題材をもとに小説の技術的洗練と形式的完成を追求したが、1927年睡眠薬自殺。
他の書籍を検索する