『オオルリ流星群』の詳細情報

オオルリ流星群
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル オオルリ流星群
サブタイトル
著者 [著者区分]■伊与原 新 [著・文・その他]
■伊与原 新 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1600円 シリーズ
ページ数 296p Cコード 0093
発売予定日 2022-02-18 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041085660 判型 46
内容紹介
「あのときのメンツ、今みんなこっちにいるみたいだぜ」「まさか、スイ子か? なんでまた?」スイ子こと、山際彗子が秦野市に帰ってきた。手作りで太陽系の果てを観測する天文台を建てるというのだ。28年ぶりの再会を果たした高校時代の同級生・種村久志は、かつての仲間たちと共に、彗子の計画に力を貸すことに。高校最後の夏、協力して巨大なタペストリーを制作した日々に思いを馳せるが、天文台作りをきっかけに、あの夏に起きたことの真実が明らかになっていく。それは決して、美しいだけの時間ではなかった。そして久志たちは、屈託多き「いま」を自らの手で変えることができるのか。行き詰まった人生の中で隠された幸せに気付かせてくれる、静かな感動の物語。
目次
著者略歴(伊与原 新)
1972年、大阪生まれ。神戸大学理学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻し、博士課程修了。2010年、『お台場アイランドベイビー』で横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。19年、『月まで三キロ』で新田次郎文学賞を受賞。21年、『八月の銀の雪』が直木三十五賞候補、山本周五郎賞候補に。同作は21年、本屋大賞で6位に入賞。
著者略歴(伊与原 新)
1972年、大阪生まれ。神戸大学理学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻し、博士課程修了。2010年、『お台場アイランドベイビー』で横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。19年、『月まで三キロ』で新田次郎文学賞を受賞。21年、『八月の銀の雪』が直木三十五賞候補、山本周五郎賞候補に。同作は21年、本屋大賞で6位に入賞。
他の書籍を検索する