『彩雲国物語 十五、暗き黄昏の宮』の詳細情報

彩雲国物語 十五、暗き黄昏の宮
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 彩雲国物語 十五、暗き黄昏の宮
サブタイトル
著者 [著者区分]雪乃 紗衣 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
760円 シリーズ 角川文庫
ページ数 352p Cコード 0193
発売予定日 2022-09-21 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041110591 判型 文庫(A6)
内容紹介
監察御史・紅秀麗が、任務半ばで姿を消した。その報は瞬く間に朝廷を駆け巡り、国王の紫劉輝は心を痛める。秀麗の安否は気になるが、一官吏の彼女を特別扱いできない。そんな王の心を汲み、側近の藍楸瑛は、密かに秀麗を捜すことを決意する。一方、秀麗と同行していた榛蘇芳が帰還。彼が語った驚きの事実に劉輝は絶句する。秀麗の身に危険が、劉輝の治世には暗雲が立ち込めるが……。人気シリーズ第15弾。
目次
 目 次

第一章 始まりの刻とき

第二章 ○○○○された王様

第三章 惑いの王

第四章 青い月の女王

第五章 それは微睡みの夢に似て

第六章 宰相会議

第七章 白い棺の葬列

終 章


鈴蘭の咲く頃に
著者略歴(雪乃 紗衣)
茨城県生まれ。2002年10月「彩雲国綺譚」で第1回ビーンズ小説賞の読者賞・奨励賞をダブル受賞。03年11月、受賞作をもとに改稿執筆した『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』で作家デビュー。同シリーズは11年7月に本編が完結し、累計650万部を超える大ヒット作となる。他の著作に「レアリア」シリーズ、『エンド オブ スカイ』がある。
他の書籍を検索する