『パッピプッペポーのパンケーキ』の詳細情報

パッピプッペポーのパンケーキ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル パッピプッペポーのパンケーキ
サブタイトル
著者 [著者区分]■あいはら ひろゆき [著・文・その他]
■宮野 聡子 [イラスト]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ
ページ数 32p Cコード 8793
発売予定日 2022-03-03 ジャンル 児童/絵本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041114971 判型 B5
内容紹介
『いちばんしわわせなおくりもの』で第7回リブロ絵本大賞受賞の宮野聡子さんと、シリーズ220万部「くまのがっこう」の、あいはらひろゆきさんが長い年月をかけて、ていねいに作った絵本!
くまの3きょうだい、パッピ、プッペ、ポーによる、おいしそうなパンケーキや、楽しい暮らしやツリーハウスの絵! 感動の物語と、楽しい発見の絵本! 100人の保育士さんが推薦!
いたずらこぐまの3きょうだい、パッピ、プッペ、ポー。おばあちゃんの誕生日に、パンケーキを作ることに! かっている牛さんのミルクをしぼり、にわとりさんのたまごに、はちみつをあつめて、ふわっふわのパンケーキを作りました。「ちょっと、おあじみしてみようか?」パッピ、プッペ、ポーがあじみをしているうちに、パンケーキはどんどん、どんどん小さくなって……。おばあちゃんの誕生日はどうなっちゃうの?
目次
著者略歴(あいはら ひろゆき)
仙台市生まれ。「くまのがっこう」シリーズは、220万部を超え、フランスをはじめ海外でも刊行。絵本、児童書の著作多数。おもな絵本に、「くまのがっこう」シリーズ(ブロンズ新社)、「はっはっはくしょーん」シリーズ、「がんばれ!ルルロロ」シリーズ(ともにKADOKAWA)など多数。
著者略歴(宮野 聡子)
東京都生まれ。絵本作家、画家。『いちばん しあわせな おくりもの』で第7回リブロ絵本大賞受賞。おもな絵本に、『いちばん しあわせな おくりもの』『パンツちゃんとはけたかな』『おひるねちゃんとできるかな』(以上、教育画劇)、『ともだちのひっこし』(PHP研究所)、『えんそく おにぎり』(講談社)、『あいちゃんのワンピース』(こみやゆう作/講談社)などがある。
他の書籍を検索する