『ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 III クローズド・サークル』の詳細情報

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 III クローズド・サークル
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 III クローズド・サークル
サブタイトル
著者 [著者区分]松岡 圭祐 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
760円 シリーズ 角川文庫
ページ数 336p Cコード 0193
発売予定日 2022-02-22 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041123331 判型 文庫(A6)
内容紹介
鳴かず飛ばずのラノベ作家・杉浦李奈は、類まれな本の知識を生かして次々と巻き起こる出版界を巡る騒動を解決していく。今回も本業のライトノベル執筆に集中しようとした矢先に事件発生! 果たして真相は?
目次
著者略歴(松岡 圭祐)
1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作「千里眼」シリーズは累計628万部超。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞。『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』は19年に全米翻訳出版。NYヴァーティカル社編集者ヤニ・メンザスは「世界に誇るべき才能」と評する。その他の作品に『ミッキーマウスの憂鬱』、『ジェームズ・ボンドは来ない』、『黄砂の籠城』、『ヒトラーの試写室』、「グアムの探偵」「高校事変」シリーズなど。
他の書籍を検索する