『グレート・ギャツビー』の詳細情報

グレート・ギャツビー
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル グレート・ギャツビー
サブタイトル
著者 [著者区分]■フィツジェラルド [著・文・その他]
■大貫 三郎 [翻訳]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
720円 シリーズ 角川文庫
ページ数 272p Cコード 0197
発売予定日 2022-06-10 ジャンル 一般/文庫/外国文学小説
ISBN 9784041126523 判型 文庫(A6)
内容紹介
かつて、貧しさと戦争によって恋人デイジーと引き裂かれたジェイ・ギャツビーは、帰還後、巨万の財を築いてニューヨーク郊外のロングアイランドに豪邸をかまえ、夜ごと豪華なパーティを開いていた。それらはすべて、人妻となって対岸の館に住むデイジーを、わが手に取りもどすためだった。その狂おしいまでに一途な情熱が、やがて思いがけない悲劇を引き起こす――。
1920年代のアメリカ社会に生きた人々の栄華と退廃、失われた青春の夢を描く、「ジャズ・エイジの旗手」フィツジェラルドの、非の打ちどころがないと言われる最高傑作!
目次
第一章 / 第二章 / 第三章 / 第四章 / 第五章 / 第六章 / 第七章 / 第八章 / 第九章
訳注
解説
著者略歴(フィツジェラルド)
1896年ミネソタ生まれ。ヘミングウェイとともに「失われた世代」の作家として知られる。大学在学中から小説を書きはじめ、『グレート・ギャツビー』を刊行して一躍時代の寵児となる。激しい恋愛の末、美貌の女性ゼルダと結婚、贅をつくした生活を送る。しかし、夜ごとの饗宴を支えるため乱作をはじめ、次第に人気を失い、ハリウッドの台本書きへと転落の道を辿る。1940年、再起をかけて執筆していた『ラスト・タイクーン』が未完のまま、心臓発作で逝去。
著者略歴(大貫 三郎)
1916年9月20日‐2003年12月25日。英文学者。東京都出身。早稲田大学文学部英文科卒。信州大学教育学部教授をつとめ、1980年定年退職後、名誉教授に。大東文化大学教授。訳書に、フィツジェラルド『華麗なるギャツビー』『ラスト・タイクーン』、フォークナー『死の床に横たわる時』(以上、角川文庫)ほか多数。
他の書籍を検索する