『三世代探偵団 生命の旗がはためくとき』の詳細情報

三世代探偵団 生命の旗がはためくとき
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 三世代探偵団 生命の旗がはためくとき
サブタイトル
著者 [著者区分]赤川 次郎 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
720円 シリーズ 角川文庫
ページ数 304p Cコード 0193
発売予定日 2022-09-21 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041127360 判型 文庫(A6)
内容紹介
女子高生の令奈は通学途中に、ふと覗き込んだ車中で男が刺殺されているのを発見する。男は駆け落ちして姿を消した姉・美樹の名前が書かれたメモを持っていた。一方で、美樹は婚約者が裏組織の息子と知り、口封じのため命を狙われていた。さらに組織は対立相手と武力闘争を起こそうとしていて……。天才画家の祖母、マイペースな母と暮らす娘の有里。友人の家族が巻き込まれた抗争に、天本家の三世代が立ち向かう!
目次
プロローグ
1 入試
2 校舎の暗闇
3 別世界
4 まさかの朝
5 よくある話
6 名もない男の名前
7 家の中
8 秘密
9 ツイてない話
10 禁断の扉
11 つながる
12 招かれざる客
13 一触即発
14 逃走
15 間隙
16 命の重さ
17 犠牲
18 生命の闘い
19 戦いすんで

解説 中江有里
著者略歴(赤川 次郎)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
他の書籍を検索する