『明日の僕に風が吹く』の詳細情報

明日の僕に風が吹く
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 明日の僕に風が吹く
サブタイトル
著者 [著者区分]乾 ルカ [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
760円 シリーズ 角川文庫
ページ数 336p Cコード 0193
発売予定日 2022-09-21 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041127612 判型 文庫(A6)
内容紹介
実家は病院で将来の夢は医師。東京で恵まれた中学校生活を送っていた有人は、学校で注目を集めたある出来事で希望を失い、引きこもり生活を続けていた。彼の行く末を心配した叔父の雅彦は、心機一転、北海道の離島の高校への入学を勧める。「海鳥の楽園」と呼ばれるその島で、たった4人の級友と島民に囲まれる日々。東京での暮らしとは全く違う環境に、有人が戸惑いながらも馴染み始めた頃、残酷な別れが彼を襲い……。未来を失った少年の絶望と再生を描く、感涙必至の青春小説。
目次
明日の僕に風が吹く

解説 北上次郎
著者略歴(乾 ルカ)
1970年北海道札幌市生まれ。2006年、「夏光」で第86回オール讀物新人賞を受賞。2010年には『あの日にかえりたい』で第143回直木賞候補となる。他の著書に『花が咲くとき』『メグル』『願いながら、祈りながら』『向かい風で飛べ!』『モノクローム』『森に願いを』『ミツハの一族』『奇縁七景』『花が咲くとき』『わたしの忘れ物』など多数。
他の書籍を検索する