『明日の僕に風が吹く』の詳細情報

明日の僕に風が吹く
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 明日の僕に風が吹く
サブタイトル
著者 [著者区分]乾 ルカ [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
760円 シリーズ 角川文庫
ページ数 336p Cコード 0193
発売予定日 2022-09-21 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784041127612 判型 文庫(A6)
内容紹介
中学生の頃、医師を目指していた川嶋有人は、ある出来事をきっかけに夢も未来も失ったと引きこもり生活を続けていた。しかし憧れの叔父・雅彦の勧めにより、彼が医師として勤める北海道の離島・照羽尻島の高校に入学することに。「海鳥の楽園」と呼ばれるその島の高校の全校生徒は、有人を含めてたったの5人。東京とは何もかもが違う離島での生活に戸惑いながらも、有人は少しずつ自信を取り戻し始める。しかし、突然の別れと残酷な真実が有人に降りかかり……。北海道の離島を舞台に心の再生を描く、感涙必至の青春小説。
目次
明日の僕に風が吹く

解説 北上次郎
著者略歴(乾 ルカ)
1970年北海道札幌市生まれ。2006年、「夏光」で第86回オール讀物新人賞を受賞。2010年には『あの日にかえりたい』で第143回直木賞候補となる。他の著書に『花が咲くとき』『メグル』『願いながら、祈りながら』『向かい風で飛べ!』『モノクローム』『森に願いを』『ミツハの一族』『奇縁七景』『花が咲くとき』『わたしの忘れ物』など多数。
他の書籍を検索する