『ミセス・ハリス、パリへ行く』の詳細情報

ミセス・ハリス、パリへ行く
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ミセス・ハリス、パリへ行く
サブタイトル
著者 [著者区分]■ポール・ギャリコ [著・文・その他]
■亀山 龍樹 [翻訳]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
900円 シリーズ 角川文庫
ページ数 224p Cコード 0197
発売予定日 2022-10-24 ジャンル 一般/文庫/外国文学小説
ISBN 9784041130247 判型 文庫(A6)
内容紹介
映画『ミセス・ハリス、パリへ行く』
2022.11.18(金)より映画公開

もうすぐ60歳の家政婦さんがディオールのドレスに恋をした!

1950年代のロンドン。ハリスおばさんはもうすぐ60歳の通いの家政婦。夫を亡くし、質素な生活を送っている。ある日、勤め先の衣装戸棚でふるえるほど美しいクリスチャン・ディオールのドレスに出会う。今まで身なりを気にしてこなかったが、自分もパリでドレスを仕立てようと決意し、必死でお金をためることに。やがて訪れたパリで、新しい出会い、冒険、そして恋? 何歳になっても夢をあきらめない勇気と奇跡の物語。解説・町山智浩

※本書は、1979年12月に刊行された『ハリスおばさんパリへ行く』(講談社文庫)を、現代向けに加筆修正し、角川文庫化したものです。原題:Mrs Harris Goes to Paris

この物語は、還暦近い家政婦ハリスさんが、努力と幸運と善意で、パリの高級ドレスを仕立てることになる、シンデレラ・ストーリーです。しかし、その背景には、当時、イギリスやフランスで起こりつつあった社会変動が隠されています。
オート・クチュール(高級仕立て服)はどれも一点ものです。だから、ファッションショーもごくごく限られた大金持ちのお得意様だけに見せるものでした。
ハリスさんはそれでも堂々とショーを見せろと要求します。自分が汗水垂らして稼いだ金を持ってきたのに何を恥じることがあるのか。
ディオールのマダムは、ハリスさんを見て「不思議な風格」を感じます。風格とか気品はその人の生まれ育ちや着ている服ではなく、内面から立ち上がるものだからです。
一生縁がないと思われたドレスを作ることが、ハリスさんなりの反逆であったことはいうまでもありません。――町山智浩
目次
ミセス・ハリス、パリへ行く
訳者解説 亀山龍樹
年譜 亀山龍樹
角川文庫版解説 町山智浩
著者略歴(ポール・ギャリコ)
1897年、ニューヨーク生まれ。コロンビア大学卒。ニューヨーク・デイリー・ニュースでスポーツ編集者、コラムニスト、編集長補佐として活躍。退職後、南デヴォンのサルコムの丘で家を買い、グレート・デーン犬と23匹の猫と暮らす。1941年にダンケルクを描いた『スノーグース』が世界的なベストセラーとなる。1944年にアメリカ遠征軍の従軍記者に。その後モナコで暮らし、海釣りを愛した。生涯40冊以上の本を書いたが、そのうち4冊がミセス・ハリスの物語だった。1976年没。
著者略歴(亀山 龍樹)
1922年佐賀県に生まれる。東京大学文学部インド哲学科卒業。戦後、英米児童文学の翻訳や創作を多数発表。1980年没。訳書に、スターリング・ノース『はるかなるわがラスカル』、ポール・ギャリコ「ミセス・ハリス」シリーズ、スティーブンソン『宝島』他。著書に、『宇宙海賊パブ船長』『ぞうのなみだ』『インド・インカ古代史考』『古代文字の秘密』『世界の文化遺産 1- インド』など。
他の書籍を検索する