『聖なる黒夜(下)』の詳細情報

聖なる黒夜(下)
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 聖なる黒夜(下)
サブタイトル
著者 [著者区分]■柴田 よしき [著・文・その他]
■柴田 よしき [著・文・その他]
■柴田 よしき [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
743円 シリーズ 角川文庫
ページ数 608p Cコード 0193
発売予定日 2006-10-25 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784043428090 判型 文庫(A6)
内容紹介
刑事・麻生龍太郎と男妾あがりのインテリ山内練。ひとつの殺人事件を通して暴かれていく二人の過去に秘められた壮絶な哀しみとは? ミステリとして恋愛物語として文学として、すべてを網羅した最高の文芸作品!!
目次
著者略歴(柴田 よしき)
1995年、女性刑事村上緑子が主人公の長編『RIKO-女神の永遠-』で第15回横溝正史賞を受賞。同作は全く新しいタイプの警察小説として絶賛を浴びる。以降、ミステリーを中心にSF、ホラーなど、それぞれのジャンルでクオリティの高い作品を発表している。
著者略歴(柴田 よしき)
1995年、女性刑事村上緑子が主人公の長編『RIKO-女神の永遠-』で第15回横溝正史賞を受賞。同作は全く新しいタイプの警察小説として絶賛を浴びる。以降、ミステリーを中心にSF、ホラーなど、それぞれのジャンルでクオリティの高い作品を発表している。
著者略歴(柴田 よしき)
1995年、女性刑事村上緑子が主人公の長編『RIKO-女神の永遠-』で第15回横溝正史賞を受賞。同作は全く新しいタイプの警察小説として絶賛を浴びる。以降、ミステリーを中心にSF、ホラーなど、それぞれのジャンルでクオリティの高い作品を発表している。
他の書籍を検索する