『おくのほそ道を旅しよう』の詳細情報

おくのほそ道を旅しよう
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル おくのほそ道を旅しよう
サブタイトル
著者 [著者区分]■田辺 聖子 [著・文・その他]
■田辺 聖子 [著・文・その他]
■田辺 聖子 [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
800円 シリーズ 角川ソフィア文庫
ページ数 224p Cコード 0195
発売予定日 2016-04-23 ジャンル 一般/文庫/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784044000356 判型 文庫(A6)
内容紹介
みちのくは遠い。生きて戻れるだろうか――。
江戸の都の名利を捨てて、晩年の芭蕉は遥か東北へ旅立つ。
それは新境地を切り開くために、この世と人生の生々流転を見つめる旅路だった。

そして三百年あまり。芭蕉の足跡を慕う上方の作家、
田辺聖子もまたおくのほそ道へと旅立った。
気むずかしい爺さんにみえていた芭蕉は、やがて、
人生という旅路のやさしい友の顔を見せるようになる。

原文の滋味を掬い古典へと誘う紀行エッセイ。

(『「おくのほそ道」を旅しよう』改題)
目次
・旅立ち
・白河の関こえて
・壺の碑
・つわものどもが夢のあと
・羽黒山の三日月
・甲の下のきりぎりす
・蛤のふたみの別れ
著者略歴(田辺 聖子)
1928年、大阪市生まれ。樟蔭女子専門学校卒業。64年『感傷旅行』で芥川賞、87年『花衣ぬぐやまつわる……』で女流文学賞、93年『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を受賞。『むかし・あけぼの』『ジョゼと虎と魚たち』『田辺聖子の小倉百人一首』など著作多数。
著者略歴(田辺 聖子)
1928年、大阪市生まれ。樟蔭女子専門学校卒業。64年『感傷旅行』で芥川賞、87年『花衣ぬぐやまつわる……』で女流文学賞、93年『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を受賞。『むかし・あけぼの』『ジョゼと虎と魚たち』『田辺聖子の小倉百人一首』など著作多数。
著者略歴(田辺 聖子)
1928年、大阪市生まれ。樟蔭女子専門学校卒業。64年『感傷旅行』で芥川賞、87年『花衣ぬぐやまつわる……』で女流文学賞、93年『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を受賞。『むかし・あけぼの』『ジョゼと虎と魚たち』『田辺聖子の小倉百人一首』など著作多数。
他の書籍を検索する