『まいにちが嵐のような、でも、どうにかなる日々。』の詳細情報

まいにちが嵐のような、でも、どうにかなる日々。
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル まいにちが嵐のような、でも、どうにかなる日々。
サブタイトル
著者 [著者区分]きなこ [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0095
発売予定日 2022-09-28 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784046058638 判型 46
内容紹介
「あたしがいるからだいじょうぶやで!」
そう豪語する心疾患児(幼稚園生女子)をふくむ個性派3人きょうだいと、この本の著者でもある親。
予測不可なカオスばかりが発生しても、どうにかこうにか対応可。
そう、きっとなんとかなるに違いない――

同じように病気とたたかう子どもたちへの想い、周囲の人たちとの奇跡的なつながり……。
日々への感謝とユーモラスな視点を織り交ぜつつ、子持ち主婦がこまやかな筆致でつづります。
noteからセレクトした文章にはさらに手を加え、書き下ろしも5本収録。
目次
はじめに
やさぐれオリンピック(2018年冬季)/私の娘のお受験のはなし/蝶のはばたく時に/足なんか遅くても/amie/3歳のたまご/きょういくほうしん/世界パッチワーク/制服を買いに/続・やさぐれオリンピック(2022年冬季)/入院日記、6日目/それはまるで奇跡のような/宇宙観覧車/こんにちはともだち/気にしないで/たまごからうまれる
おわりに
著者略歴(きなこ)
10代の長男・長女、幼稚園に通う心疾患児の次女を持つ3児の母。娘の闘病や子どもたちとの日々のあれこれ、自身の雑感や創作などをnoteやweb連載などで発表。独特の筆致で、子育てママだけでなく幅広い層に読まれている。Twitter:@3h4m1
他の書籍を検索する