『スキル『鑑定』に目覚めたので、いつも優しい巨乳な受付嬢を鑑定したら、戦闘力99999の魔王な上にパッドだった件について2 ~気づかなかったことにしようとしてももう遅い……ですかね?~』の詳細情報

スキル『鑑定』に目覚めたので、いつも優しい巨乳な受付嬢を鑑定したら、戦闘力99999の魔王な上にパッドだった件について2 ~気づかなかったことにしようとしてももう遅い……ですかね?~
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル スキル『鑑定』に目覚めたので、いつも優しい巨乳な受付嬢を鑑定したら、戦闘力99999の魔王な上にパッドだった件について2 ~気づかなかったことにしようとしてももう遅い……ですかね?~
サブタイトル
著者 [著者区分]■とぴあ [イラスト]
■高野 ケイ [著・文・その他]
出版社 KADOKAWA レーベル
本体価格
(予定)
1400円 シリーズ 電撃の新文芸
ページ数 404p Cコード 0093
発売予定日 2022-08-17 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784049145403 判型 B6
内容紹介
極めた『鑑定』スキルで憧れの巨乳受付嬢・サティさんが実は魔王でパッドだったという秘密を暴いてしまった俺・アルト。
妹同然の勇者が実はヤンデレ気味なブラコンだったり、魔王に従う四天王は揃いも揃って(ダメな意味で)ヤバい連中だったり、そんな奴らが巻き起こす事件に付き合わされる俺だったが、それでもサティさんを支えるべく、近く行われる四天王の選抜試験に参加することにした。
そんな折、勇者の仲間の魔法使いや聖女、さらには先代の四天王までが俺の前に姿を現す……!! うん、もうダメな予感しかしねぇ……!
目次
著者略歴(とぴあ)
イラストレーター。ほか担当作に「無駄だと追放された【宮廷獣医】、獣の国に好待遇で招かれる~森で助けた神獣とケモ耳美少女達にめちゃくちゃ溺愛されながらスローライフを楽しんでる(Mノベルス)」など。
著者略歴(高野 ケイ)
「スキル『鑑定』に目覚めたので、いつも優しい巨乳な受付嬢を鑑定したら、戦闘力99999の魔王な上にパッドだった件について ~気づかなかったことにしようとしてももう遅い……ですかね?~」でデビュー。
他の書籍を検索する