『Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~(1)』の詳細情報

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~(1)
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~(1)
サブタイトル
著者 [著者区分]■せがわ まさき [著・文・その他]
■せがわ まさき [著・文・その他]
■山田 風太郎 [原著]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
590円 シリーズ ヤンマガKCスペシャル
ページ数 228p Cコード 9979
発売予定日 2005-11-02 ジャンル 雑誌扱い/コミック/コミックス・劇画
ISBN 9784063613896 判型 B6
内容紹介
徳川三代将軍家光の治世。会津藩の国家老・堀主水一族は、謀反の罪で捕らえられ斬首される途中、鎌倉の東慶寺にて悪鬼・会津七本槍の手によって一族の女たちを次々に惨殺された。生き残った堀の女たち七人は一族の仇を討つため、江戸柳生家の長男にして剣の天才児、柳生十兵衛三厳を指南役として迎える。十兵衛は女たちを導くことを約束するが、復讐の的である七本槍に自分は直接一切手を出さないことを決まりとした。かよわき女七人、未曾有の復讐は果たして成るか!?


江戸時代、会津藩主・加藤明成に逆らったとされた会津藩元家老・堀主水一族は、高野山より東海道を江戸へと引かれていった。引いていくのは加藤家の配下、会津七本槍と呼ばれる男たち。七本槍は堀の男たちに対し、「尼寺に逃げた堀一族の女たちに武士の情けで一目会わせてやる」と告げるが、その裏には恐ろしいたくらみがあった。一族の男たちの目の前で、堀の女たちを惨殺しようというのだ──。大いなる復讐劇が今、幕を明ける。
目次
序章 尼寺破戒門
序章 堀主水一件
序章 その男
位牌四十四
修羅の巷へ
蛇の目は七つ
著者略歴(せがわ まさき)
1997年『千魔物語り』が週刊モーニングに掲載されデビュー。1998年より初の長期連載『鬼斬り十蔵』をアッパーズにて連載。2003年からは山田風太郎原作『甲賀忍法帖』を漫画化した『バジリスク~甲賀忍法帖』を連載、同作では講談社漫画賞を受賞。さらにヤングマガジンにて『Y十M~柳生忍法帖』を連載している。
著者略歴(せがわ まさき)
1997年『千魔物語り』が週刊モーニングに掲載されデビュー。1998年より初の長期連載『鬼斬り十蔵』をアッパーズにて連載。2003年からは山田風太郎原作『甲賀忍法帖』を漫画化した『バジリスク~甲賀忍法帖』を連載、同作では講談社漫画賞を受賞。さらにヤングマガジンにて『Y十M~柳生忍法帖』を連載している。
著者略歴(山田 風太郎)
1922年、兵庫県に生まれる。東京医科大在学中に作家デビュー、『眼中の悪魔』などの推理小説から、後に一大ブームをまきおこす『忍法帖』シリーズや『魔界転生』などの時代小説、さらに『あと千回の晩飯』『人間臨終図鑑』などのエッセイを幅広く執筆、国民的作家となる。2001年7月28日に惜しまれつつ逝去。
他の書籍を検索する