『食べた! 見た! 死にかけた! 「運び屋女子」一人旅』の詳細情報

食べた! 見た! 死にかけた! 「運び屋女子」一人旅
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 食べた! 見た! 死にかけた! 「運び屋女子」一人旅
サブタイトル
著者 [著者区分]■片岡 恭子 [著・文・その他]
■片岡 恭子 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ
ページ数 160p Cコード 0026
発売予定日 2019-08-08 ジャンル 一般/単行本/旅行
ISBN 9784065168400 判型 46
内容紹介
テレビ番組『アウト×デラックス』で話題騒然! 運び屋女子の強烈一人旅!


第1章 ヨーロッパエリア
スペイン
スペインからグアテマラへ
2001年、私の背中を押した同時多発テロ~2度目のスペイン
スペインで命の危機~首絞め強盗
不運は無知が招く
・・・ほか

第2章 ラテンアメリカエリア
グアテマラ
荷物がなくなり、謝礼を脅し取られる
グアテマラ、アンティグアへ
グアテマラ・バックパッカー事情
セマナサンタのアルフォンブラ
・・・ほか

アルゼンチン
1度目の訪問は経済破綻直後
2度目の訪問は農家のストライキ真っ最中
3・4度目のアルゼンチン訪問は果たして……
アルゼンチンの上野山荘
・・・ほか

ボリビア
衝撃! 耳がもげた?!
ポトシ銀山の坑道ツアー
高地すぎて、米が炊けない~ボリビア食事情
日本人観光客に大人気・ウユニ塩湖
・・・ほか

ペルー
今が狙い目「第2のマチュピチュ」チョケキラオ遺跡
世界中から観光客が押し寄せるマチュピチュ
インカトレイルで行くマチュピチュ
サルカンタイ・トレッキングで行くマチュピチュ
・・・ほか

ベネズエラ
私がベネズエラにいた頃
諸悪の根源チャベスの置きみやげ
南米の経済はアメリカとの関係が難題
ベネズエラ、今は行ってはいけません!
・・・ほか

メキシコ
かつてメキシコの一部だったアメリカ
トランプよ、アメリカの歴史を学べ。されば愚策に気づくであろう
世界危険都市ランキング上位。しかし被害は石けんケースのみ
現地に住んでいても油断は禁物!
・・・ほか

第3章 東南アジアエリア
フィリピン
日本未上陸ジョリビー
お試しあれ! フィリピンスイーツ
フィリピンの光と影
バタック族最後のふんどしじいさん
・・・ほか

第4章 南アジアエリア
インド
インドで知る。人間の遺体は甘い
インドで食べた70円カレーと1000円カレー
インド・マクドナルド事情
インド人の平均寿命
インドの真のエンターテインメントは「人」
・・・ほか

第5章 ダメな国の法則
目次
著者略歴(片岡 恭子)
ハンドキャリー、プロバックパッカー。1968年京都府生まれ。同志社大学文学研究科修士課程修了。同大図書館司書として勤めた後、スペインのコンプルテンセ大学に留学。中南米を3年にわたって放浪。帰国後、NHKラジオ番組にカリスマバックパッカーとして出演。その後、偶然手にした職、ハンドキャリーが話題となり、テレビ、雑誌などさまざまなメディアに取り上げられる。旅にまつわる講演会も多数開催。訪問国は51ヵ国。ハンドキャリー歴13年。著書に『棄国子女 転がる石という生き方』(春秋社)。
著者略歴(片岡 恭子)
ハンドキャリー、プロバックパッカー。1968年京都府生まれ。同志社大学文学研究科修士課程修了。同大図書館司書として勤めた後、スペインのコンプルテンセ大学に留学。中南米を3年にわたって放浪。帰国後、NHKラジオ番組にカリスマバックパッカーとして出演。その後、偶然手にした職、ハンドキャリーが話題となり、テレビ、雑誌などさまざまなメディアに取り上げられる。旅にまつわる講演会も多数開催。訪問国は51ヵ国。ハンドキャリー歴13年。著書に『棄国子女 転がる石という生き方』(春秋社)。
他の書籍を検索する