『橋の上の子どもたち』の詳細情報

橋の上の子どもたち
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 橋の上の子どもたち
サブタイトル
著者 [著者区分]■パドマ・ヴェンカトラマン [著・文・その他]
■パドマ・ヴェンカトラマン [著・文・その他]
■パドマ・ヴェンカトラマン [著・文・その他]
■ヴェンカトラマン・パドマ [著・文・その他]
■田中 奈津子 [翻訳]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ 文学の扉
ページ数 256p Cコード 8097
発売予定日 2020-11-04 ジャンル 児童/単行本/外国文学小説
ISBN 9784065214428 判型 46
内容紹介
父親の暴力、それを受けいれる母。そんな家族からから逃れるために、障害を持つ姉とともに家を出た11歳の少女・ヴィジ。ホームレスとして生きのびるため、知恵と友情で道を開いていく。インドを舞台とした喪失と再生の美しさと力強さに、心を揺さぶられずにはいられない。

2020年ゴールデンカイト賞(Young Reader and Middle Grade fiction部門)受賞!!
WNDB(書籍の多様性を求める会)による2020 The Walter Award (青少年部門)受賞!


●著者紹介
パドマ・ヴェンカトラマン
インド、チェンナイ生まれ。若い時からCWC(The Concerned for Working Children)というNPO組織にかかわり、恵まれない子どもたちのために活動している。CWCは2012年、2013年、2014年にノーベル平和賞にノミネートされている。
19歳でアメリカへ渡り大学で海洋学を専攻。作家としてはYA作品を4冊出版しており、そのうち”Climbing the Stairs”(『図書室からはじまる愛』白水社刊)は2009年全米図書館協会「ヤングアダルトのためのベストブックス」に選出されている。

目次
著者略歴(パドマ・ヴェンカトラマン)
インド、チェンナイ生まれ。母親の影響もあって若い時からCWC(The Concerned for Working Children)というNPO組織にかかわり、恵まれない子どもたちのために活動している。CWCは2012年、2013年、2014年にノーベル平和賞にノミネートされている。
19歳でアメリカへ渡り大学で海洋学を専攻。作家としてはYA作品を4冊出しており、そのうち”Climbing the Stairs”(『図書室からはじまる愛』白水社刊)は2009年全米図書館協会「ヤングアダルトのためのベストブックス」に選出されている。
著者略歴(パドマ・ヴェンカトラマン)
インド、チェンナイ生まれ。母親の影響もあって若い時からCWC(The Concerned for Working Children)というNPO組織にかかわり、恵まれない子どもたちのために活動している。CWCは2012年、2013年、2014年にノーベル平和賞にノミネートされている。
19歳でアメリカへ渡り大学で海洋学を専攻。作家としてはYA作品を4冊出しており、そのうち”Climbing the Stairs”(『図書室からはじまる愛』白水社刊)は2009年全米図書館協会「ヤングアダルトのためのベストブックス」に選出されている。
著者略歴(パドマ・ヴェンカトラマン)
インド、チェンナイ生まれ。母親の影響もあって若い時からCWC(The Concerned for Working Children)というNPO組織にかかわり、恵まれない子どもたちのために活動している。CWCは2012年、2013年、2014年にノーベル平和賞にノミネートされている。
19歳でアメリカへ渡り大学で海洋学を専攻。作家としてはYA作品を4冊出しており、そのうち”Climbing the Stairs”(『図書室からはじまる愛』白水社刊)は2009年全米図書館協会「ヤングアダルトのためのベストブックス」に選出されている。
著者略歴(ヴェンカトラマン・パドマ)
インド、チェンナイ生まれ。母親の影響もあって若い時からCWC(The Concerned for Working Children)というNPO組織にかかわり、恵まれない子どもたちのために活動している。CWCは2012年、2013年、2014年にノーベル平和賞にノミネートされている。
19歳でアメリカへ渡り大学で海洋学を専攻。作家としてはYA作品を4冊出しており、そのうち”Climbing the Stairs”(『図書室からはじまる愛』白水社刊)は2009年全米図書館協会「ヤングアダルトのためのベストブックス」に選出されている。
著者略歴(田中 奈津子)
翻訳家。東京都生まれ。東京外国語大学英米語学科卒。『はるかなるアフガニスタン』が第59回青少年読書感想文全国コンクール課題図書に、『アラスカの小さな家族 バラードクリークのボー』が厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財に選ばれている。翻訳は他に『こちら「ランドリー新聞」編集部』『ぼくたち負け組クラブ』『天才ルーシーの計算ちがい』『フレンドシップ ウォー こわれたボタンと友情のゆくえ』(以上、講談社刊)など。
他の書籍を検索する