『ハックルベリー・フィンの冒険(下)』の詳細情報

ハックルベリー・フィンの冒険(下)
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ハックルベリー・フィンの冒険(下)
サブタイトル
著者 [著者区分]■にしけいこ [著・文・その他]
■マーク・トウェーン [著・文・その他]
■マーク・トウェーン [著・文・その他]
■上杉 隼人 [翻訳]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
740円 シリーズ 講談社青い鳥文庫
ページ数 272p Cコード 8297
発売予定日 2021-07-14 ジャンル 児童/新書/外国文学小説
ISBN 9784065239698 判型 新書(B40)
内容紹介
ハックルベリーとジムのミシシッピ川ーを下る筏の旅は、詐欺師の「王」と「公爵」が加わり、ますます波乱の展開! ハックは、純真な人たちから大金をだましとろうとする悪党ふたりを追い払おうとするが、つかまってしまう。さらに、逃亡黒人のジムも売り飛ばされて、はなればなれに。そんなとき、親友のトム・ソーヤーと再会し、ジムを救う計画を立てる--。

<世界の名作 小学上級・中学から すべての漢字にふりがなつき>
目次
著者略歴(にしけいこ)
漫画家、イラストレーター。都留文科大学国文学科卒業。在学中にデビューし、教員を経て、漫画家として独立。作品に、『ひらひらひゅ~ん』(新書館)、『亀の鳴く声』(小学館)など多数。挿絵の仕事に、「都会のトム&ソーヤ」シリーズ(講談社)、『坊っちゃん』(講談社青い鳥文庫)などがある。
著者略歴(マーク・トウェーン)
1835年、アメリカ合衆国ミズーリ州に生まれる。父の死後、12歳で実社会に出て、見習い印刷工をしながら文章をおぼえる。蒸気船の水先案内人などをした後、新聞記者として成功。『ジム・スマイリーと彼の跳び蛙』『赤毛布外遊記』で人気を得て、『トム・ソーヤーの冒険』『王子と乞食』『ハックルベリー・フィンの冒険』などでアメリカ文学の頂点に立つ。1910年没。
著者略歴(マーク・トウェーン)
1835年、アメリカ合衆国ミズーリ州に生まれる。父の死後、12歳で実社会に出て、見習い印刷工をしながら文章をおぼえる。蒸気船の水先案内人などをした後、新聞記者として成功。『ジム・スマイリーと彼の跳び蛙』『赤毛布外遊記』で人気を得て、『トム・ソーヤーの冒険』『王子と乞食』『ハックルベリー・フィンの冒険』などでアメリカ文学の頂点に立つ。1910年没。
著者略歴(上杉 隼人)
翻訳者(英日、日英)、編集者、英語・翻訳講師。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業、同専攻科(現在の大学院の前身)修了。『アベンジャーズ エンドゲーム」(講談社)ほか、マーベル、アベンジャーズ、ディズニー関連の書籍を多数翻訳。訳書に「スター・ウォーズ」シリーズ(講談社)、『21匹のネコがさっくり教えるアート史』(すばる舎)など多数(70冊以上)。
他の書籍を検索する