『図解 人類の進化 猿人から原人、旧人、現生人類へ』の詳細情報

図解 人類の進化 猿人から原人、旧人、現生人類へ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 図解 人類の進化 猿人から原人、旧人、現生人類へ
サブタイトル
著者 [著者区分]■斎藤 成也 [著・文・その他]
■海部 陽介 [著・文・その他]
■米田 穣 [著・文・その他]
■隅山 健太 [著・文・その他]
■斎藤 成也 [著・文・その他]
■斎藤 成也 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ ブルーバックス
ページ数 272p Cコード 0245
発売予定日 2021-11-18 ジャンル 一般/新書/生物学
ISBN 9784065261361 判型 新書(B40)
内容紹介
化石や遺伝子の研究から、われわれ人類の進化の過程が明らかになってきました。第一線の研究者たちが、進化の基礎からゲノムの話題まで、豊富なイラストを使って、初心者にもわかりやすく解説します。
2009年に刊行した『絵でわかる人類の進化』に加筆修正した新書版。
序章(霊長類のゲノム研究/東南アジアの超小型原人/500年さかのぼった弥生時代のはじまり)
第1部 進化のしくみ
第1章 進化とは(人間観の変遷/博物学の時代/進化論の誕生/骨や歯を中心とした形態の進化 ほか)
第2章 進化の中心,ゲノムDNA(DNAが生物遺伝情報の担い手/ゲノムDNAとは/ゲノムは進化する/ゲノム進化の例/人類進化と遺伝情報進化のかかわり ほか)
第3章 人類進化の年代を測る(ダーウィンの進化論と地球の年齢/天然の砂時計:放射性同位体/人類の歴史を測る/解剖学的現代人とネアンデルタール人/放射性炭素と加速器質量分析/弥生時代が古くなった? ほか)
第4章 過去の環境変動をさぐる(人類の時代:第四紀/氷期・間氷期のサイクル:太陽の恩恵/氷河時代という革命的なアイデア/酸素同位体による新しい指標/海水準面の変動/地球温暖化と人類のこれから ほか)
第2部 人類のあゆみ
第5章 哺乳類の誕生から霊長類の出現まで(大陸移動の変遷/哺乳類は主に4つの系統に分かれる)
第6章 サルからヒトへ~猿人の登場(サルから進化したヒト/霊長類の進化/最初の人類はアフリカで誕生した/ヒト独特の特徴とその進化 ほか)
第7章 原人の進化とユーラシアへの拡散(人類進化の4段階?/最初の原人ホモ・ハビリス/道具と肉食/狩猟をはじめた強い人類?/ホモ・エレクトスの発見/トゥルカナ・ボーイが教えるホモ・エレクトスの特徴 ほか)
第8章 旧人の出現とネアンデルタール人の謎(旧人とは/誤っていた一時代前の旧人像/旧人はアフリカで進化した/インドネシアには旧人はいなかった?/ヨーロッパのネアンデルタール人 ほか)
第9章 現生人類(ホモ・サピエンス)の起源(ホモ・サピエンスとは/ネアンデルタール人とクロマニョン人:連続か不連続か/多地域進化説/アフリカに関する疑問 ほか)
第10章 複雑化する文化~私たちホモ・サピエンスを理解する~(私たちにとっての文化/生物進化と文化的変化の違い/すべての起源はアフリカに?/文化の多様化の起源 ほか)
第11章 日本列島人の変遷(日本列島人の生きてきた時間と空間/日本列島人の成立に関する通説/骨形態の違いから推定された日本列島人類集団の系統関係/東ユーラシアにおける日本列島人の遺伝的位置 ほか)
第12章 人類の未来(霊長類から抜け出した人類の未来 ほか)
目次
著者略歴(斎藤 成也)
国立遺伝学研究所集団遺伝研究室教授。
1957年生まれ。東京大学理学部生物学科卒業、1987年東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程中退。理学博士。米国テキサス大学ヒューストン校生物医学大学院修了。東京大学理学部生物学科助手、国立遺伝学研究所進化遺伝研究部門助教授などを経て、2002年より現職。琉球大学医学部特命教授(クロスアポイントメント)、総合研究大学院大学生命科学研究科遺伝学専攻教授(兼任)、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻教授(兼任)。著書に『日本人の源流』(河出書房新社)、共著書『日本人の誕生』(秀和システム)など多数。
著者略歴(海部 陽介)
東京大学総合博物館教授。
1969年生まれ。東京大学理学部生物学科卒業、1995年東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程中退。博士(理学)。国立科学博物館人類研究部人類史研究グループ長などを経て、2020年より現職。著書に『サピエンス 日本上陸』(講談社)など多数。
著者略歴(米田 穣)
東京大学総合研究博物館学教授。
1969年生まれ。東京大学理学部生物学科卒業、1995年東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程中退。博士(理学)。国立環境研究所研究員・主任研究員、オックスフォード大学研究員(海外学振)、東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻准教授を経て、2012年より現職。
著者略歴(隅山 健太)
理化学研究所・生命機能科学研究センター高速ゲノム変異マウス作製研究チーム・チームリーダー。
東京大学理学部生物学科卒業、1996年東京大学院理学系研究科生物科学専攻博士課程修了。博士(理学)。国立遺伝学研究所とYale大学Frank Ruddle研で博士研究員、国立遺伝学研究所助教を経て2020年より現職。
著者略歴(斎藤 成也)
国立遺伝学研究所集団遺伝研究室教授。
1957年生まれ。東京大学理学部生物学科卒業、1987年東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程中退。理学博士。米国テキサス大学ヒューストン校生物医学大学院修了。東京大学理学部生物学科助手、国立遺伝学研究所進化遺伝研究部門助教授などを経て、2002年より現職。琉球大学医学部特命教授(クロスアポイントメント)、総合研究大学院大学生命科学研究科遺伝学専攻教授(兼任)、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻教授(兼任)。著書に『日本人の源流』(河出書房新社)、共著書『日本人の誕生』(秀和システム)など多数。
著者略歴(斎藤 成也)
国立遺伝学研究所集団遺伝研究室教授。
1957年生まれ。東京大学理学部生物学科卒業、1987年東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程中退。理学博士。米国テキサス大学ヒューストン校生物医学大学院修了。東京大学理学部生物学科助手、国立遺伝学研究所進化遺伝研究部門助教授などを経て、2002年より現職。琉球大学医学部特命教授(クロスアポイントメント)、総合研究大学院大学生命科学研究科遺伝学専攻教授(兼任)、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻教授(兼任)。著書に『日本人の源流』(河出書房新社)、共著書『日本人の誕生』(秀和システム)など多数。
他の書籍を検索する