『中国戦乱詩』の詳細情報

中国戦乱詩
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 中国戦乱詩
サブタイトル
著者 [著者区分]■小川 環樹 [解説]
■川合 康三 [著・文・その他]
■鈴木 虎雄 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1070円 シリーズ 講談社学術文庫
ページ数 272p Cコード 0198
発売予定日 2022-08-12 ジャンル 一般/文庫/外国文学、その他
ISBN 9784065290071 判型 文庫(A6)
内容紹介
太平の時は常に稀にして戦乱の世は常に多し。――古来より、中国では戦争が絶えなかった。歴代の詩人たちは、あるがままの現実を作品に昇華し、人々の叫び出でたる声として残した。中国古典文学研究の泰斗が、蘇武・李白・杜甫・文天祥といった、周代から清朝の名詩・四十一首を精選する、味わい深い名著。(まえがき・川合康三/解説・小川環樹)

[本書の内容]
学術文庫版まえがき 川合康三

周詩
漢魏晋詩
六朝隋詩
唐詩(上)
唐詩(下)
宋詩
清詩
解説 小川環樹
目次
著者略歴(鈴木 虎雄)
1878-1963年。新潟県生まれ。東京帝国大学卒業,新聞社や東京高等師範学校教授などを経て,京都帝国大学教授。文化勲章受章。中国古典文学者,漢詩人。中国文学研究において先駆的な業績を残した。主著に『支那文學研究』『支那詩論史』ほか。主な訳注書に、『白楽天詩解』『陶淵明詩解』『陸放翁詩解』『玉台新詠集』『李長吉歌詩集』『杜詩』ほか。
他の書籍を検索する