『春のほとりで』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 春のほとりで
サブタイトル
著者 [著者区分]君嶋 彼方 [著・文・その他]
出版社 講談社 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 288p Cコード 0093
発売予定日 2024-08-21 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784065363010 判型 46変形
内容紹介
五つの「ふたり」の秘密を描いた短編集。

「走れ茜色」
俺とクラスメイトの新藤梓が恋い焦がれる相手は、嫌われ者の秋津悠馬。誰もいない放課後の教室で、部活中の彼を見下ろしながら、「俺と彼女」の時間が始まる。

「樫と黄金桃」
高校生の和香は、幼馴染の雀子と毎日昼休みを過ごしている。しかし、実はある秘密に関して雀子に脅迫されていた。

「灰が灰に」
高校生ながら老け顔で、「おっさん」という渾名でいじめられる長見月斗。彼には、その特性を活かした”秘密のクエスト”が課せられていた。

目次
走れ茜色
樫と黄金桃
灰が灰に
レッドシンドローム
白では無理
タイトル未定
著者略歴(君嶋 彼方)
1989年生まれ。東京都出身。2021年「水平線は回転する」で第12回小説野性時代新人賞を受賞し、同作を改題した『君の顔では泣けない』でデビュー。他の著書に『夜がうたた寝してる間に』。
他の書籍を検索する