『中國紀行CKRM Vol.35』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 中國紀行CKRM Vol.35
サブタイトル
著者 [著者区分]中國紀行CKRM編集部 [編集]
出版社 主婦の友社 レーベル
本体価格
(予定)
909円 シリーズ
ページ数 132p Cコード 9439
発売予定日 2024-04-23 ジャンル 雑誌扱い/ムック・その他/民族・風習
ISBN 9784073477617 判型 B5
内容紹介
江戸時代の文化を色濃く残している地域では、かつての教育の中心的思想と融合していた儒学などの、古代中国から受け継がれてきた知識のかけらと度々遭遇する。江戸時代といえば、いわゆる鎖国政策のイメージが強いため、外国と交流していなかった時代と思われる人もいるが、外国とのやり取りを全て幕府が管理していただけで、外国と交流していなかったわけではない。飛行機の無い時代、外国から日本に来た人たちは、全て船でやってきた。大海を渡るため航海の知識は必須だが、天候を操作することはできないので、時には想像もつかない過酷な状況が現れ、命を落とすことも珍しくなかった。だからこそ船乗りには、いつの時代も心の支えが必要だ。中国から日本にやってきた多くの船には、媽祖という女神の像が祀れられていたという。現代日本の中で今も守り受け継がれている媽祖信仰に、中國紀行CKRM的視点で迫っていこう。
目次
他の書籍を検索する