『ケンゴとヒサト サッカー人生以外にも役に立つサッカーの話』の詳細情報

ケンゴとヒサト サッカー人生以外にも役に立つサッカーの話
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ケンゴとヒサト サッカー人生以外にも役に立つサッカーの話
サブタイトル
著者 [著者区分]■中村 憲剛 [著・文・その他]
■佐藤 寿人 [著・文・その他]
出版社 集英社 レーベル
本体価格
(予定)
1700円 シリーズ
ページ数 272p Cコード 0075
発売予定日 2022-11-14 ジャンル 一般/単行本/体育・スポーツ
ISBN 9784087900989 判型 46
内容紹介
川崎フロンターレひと筋で18年間プレーし、地元サポーターから熱狂的に支持されているファンタジスタ中村憲剛氏と、サンフレッチェ広島などでエースとして君臨し、歴代1位のJリーグ通算ゴール数を誇る名ストライカー佐藤寿人氏。

2020年の現役引退後、ふたりはサッカー解説者としても活躍の場を広げ、わかりやすい分析と包み隠さない本音トークでファンから絶大な人気を誇っている。

ふたりのずば抜けて面白いサッカー談義を収録した『webスポルティーバ』での連載対談は、毎回ネット上でもバズるほど大好評。今回、新たなトークも加えて一冊の書籍となった。

ふたりが願う「日本サッカーのさらなる向上」を実現するため、さまざまなテーマに沿って対談形式で本音をぶつけあう。

「なぜ日本ではストライカーが育たないのか?」
「若手の海外移籍をどう思う?」
「日本のサッカーレベルを劇的に飛躍させた監督」
「プロサッカー選手の成否を分けるものとは何か?」
「子どもを持つお父さん、お母さんに聞いてほしいこと」
「リーダー論・キャプテン論」…などなど。

また、カタールワールドカップ直前企画として「ふたりの思い出のワールドカップこぼれ話」、さらにはふたりが熱望した元日本代表MF中村俊輔選手を招き、豪華な「スペシャル鼎談」も収録している。
日本代表という肩書きを背負ってきた3人が、当時は言えなかった苦労話や、今の日本代表に思うことを本音で語り尽くす。

プロとして20年近く現役を続けられたふたりの言葉は、サッカー以外の人生にもきっと役立つ。

【著者略歴】
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ、東京都小平市出身。久留米高校から中央大学に進学し、2003年に川崎フロンターレに加入。2020年に現役を引退するまで移籍することなく18年間チームひと筋でプレーし、川崎に3度のJ1優勝をもたらすなど黄金時代を築く。2016年にはJリーグMVPを受賞。日本代表・通算68試合6得点。ポジション=MF。身長175cm、体重65kg。

佐藤寿人(さとう・ひさと)
1982年3月12日生まれ、埼玉県春日部市出身。兄・勇人とそろってジェフユナイテッド市原(現・千葉)ジュニアユースに入団し、2000年にトップ昇格。その後、セレッソ大阪→ベガルタ仙台でプレーし、2005年から12年間サンフレッチェ広島に在籍。2012年にはJリーグMVPに輝く。2017年に名古屋グランパス、2019年に古巣のジェフユナイテッド千葉に移籍し、2020年に現役引退。Jリーグ通算220得点は歴代1位。日本代表・通算31試合4得点。ポジション=FW。身長170cm、体重71kg。
目次
他の書籍を検索する