『おやすみプンプン』の詳細情報

おやすみプンプン
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル おやすみプンプン
サブタイトル
著者 [著者区分]■浅野 いにお [著・文・その他]
■浅野 いにお [著・文・その他]
■浅野 いにお [著・文・その他]
出版社 小学館 レーベル ヤングサンデーコミックス
本体価格
(予定)
505円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 9979
発売予定日 2007-08-03 ジャンル 雑誌扱い/コミック/コミックス・劇画
ISBN 9784091512185 判型 B6
内容紹介
▼第1話~第12話

●主な登場人物/プンプン(小学5年生。どこにでもありそうな或る街に住んでいる、どこにでもいそうな或る少年)、田中愛子(練馬から転校してきた女の子)、雄一おじさん(大船に住んでいたが、事情によりプンプンと暮らすことになる)
●あらすじ/ある日のこと、プンプンはクラスにやってきた転校生・田中愛子に一目惚れ。彼女から「もうすぐ地球は人の住めない星になる」「別の星に移住しないと人類はメツボーしてしまう」という話を聞いたプンプンは、今日出された「将来の夢」の作文に、「宇宙を研究する人になりたい」と書こうと思い立つ。だが翌朝、プンプンが起きると家の中が大変なことに…?(第1話)
●本巻の特徴/プンプンの夢は、宇宙の学者になって人類を宇宙に移住させること。たとえみんなを滅亡から救えなくても、愛子ちゃんだけは救いたい。なぜなら彼女は“運命の人”であるかもしれないから…。当代随一の注目作家が、まったく新しいアプローチで21世紀の「イマ」を撃つ衝撃作!!
●その他の登場人物/神様(プンプンの悩みを聞いてくれる存在。“神様神様チンクルホイ”と唱えるとやってくる)、プンプンパパ(お父さん)、プンプンママ(お母さん)
目次
他の書籍を検索する