『おやすみプンプン』の詳細情報

おやすみプンプン
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル おやすみプンプン
サブタイトル
著者 [著者区分]■浅野 いにお [著・文・その他]
■浅野 いにお [著・文・その他]
■浅野 いにお [著・文・その他]
出版社 小学館 レーベル ヤングサンデーコミックス
本体価格
(予定)
514円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 9979
発売予定日 2009-06-30 ジャンル 雑誌扱い/コミック/コミックス・劇画
ISBN 9784091514301 判型 B6
内容紹介
▼第47~56話 ●主な登場人物/小野寺プンプン(普通の少年。この春、中学を卒業。旧姓・プン山プンプン) ●あらすじ/雄一おじさんの彼女・翠が家にやってきて2年。雄一はプンプンたちの前から謎の失踪。そんな中、プンプンは高校受験に合格。でもプンプンはそんなことは別に嬉しくもなく、中学生活にたいした思い出もなかった。あるのは「ハメハメしたい」という下世話な欲望だけ。一方その頃、姿を消していた雄一は…!?(第47話)

●本巻の特徴/受験に合格し、この春から高校生のプンプン。だが、雄一おじさんが謎の失踪。残されたプンプン、プンプンママ、そして翠は? さらに、プンプンにあまりにも突然の…童貞喪失!? ●その他の登場人物/小野寺プンプンママ(プンプンの母親。離婚後も性格は相変わらず。若干アル中)、小野寺雄一(プンプンの叔父。プンプンたちと同居中)、大隈翠(雄一の彼女で、プンプンたちと暮らしている。喫茶店で働く)、湯上(プンプンママの離婚問題を担当した弁護士。雄一の友人。翠に片想いしていた)、田中愛子(プンプンが小学生時代から好きな女の子)、関(プンプンの小学生時代からの友人。アル中気味の父親を持つ)、清水(プンプンの小学生時代からの友人。関の幼なじみで、空想癖がある)、神様(プンプンの悩みを聞いてくれる存在。“神様神様チンクルホイ”と唱えるとやってくる)
目次
他の書籍を検索する