『おやすみプンプン』の詳細情報

おやすみプンプン
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル おやすみプンプン
サブタイトル
著者 [著者区分]■浅野 いにお [著・文・その他]
■浅野 いにお [著・文・その他]
■浅野 いにお [著・文・その他]
出版社 小学館 レーベル ヤングサンデーコミックス
本体価格
(予定)
650円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 9979
発売予定日 2009-12-26 ジャンル 雑誌扱い/コミック/コミックス・劇画
ISBN 9784091514790 判型 B6
内容紹介
▼第57~67話
●主な登場人物/プンプン(普通の少年。両親は離婚。この春、中学を卒業し高校生に)
●あらすじ/祖父の訃報を受け、プンプンとプンプンママが実家に行ってきた日の夜。プンプンママは妻子ある男を家に誘い込み、「朝まで家に帰ってこないで」と言われたプンプンは、ひとりゲーセンで時間を潰すことに。同級生の蟹江さんとの週末デート、そしてその先に待つ破廉恥なストーリーを妄想し、孤独を退けていたプンプンだけど…(第57話)。
●本巻の特徴/プンプンママが突然の入院。彼女は入院中にひとりの少年と出会い、やさぐれ気味だった心情に変化が訪れるが…。一方、母親の手術当日に、同級生の蟹江さんとのデートで浮かれるプンプンは…?
●その他の登場人物/プンプンママ(プンプンの母親。離婚後も性格は相変わらず。若干アル中)、プンプンパパ(プンプンの父親。離婚後もプンプンに手紙を送ってくる)、蟹江梓(プンプンと同級生の女の子。プンプンをデートに誘った)、大隈翠(プンプンの叔父・雄一と入籍した。以前、プンプンの童貞を奪っている)、神様(プンプンの悩みを聞いてくれる存在。“神様神様チンクルホイ”と唱えるとやってくる)
目次
他の書籍を検索する