『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』の詳細情報

ジュラシック・ワールド 新たなる支配者
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ジュラシック・ワールド 新たなる支配者
サブタイトル
著者 [著者区分]■コリン・トレボロウ [著・文・その他]
■スティーヴン・スピルバーグ [著・文・その他]
■梅津 かおり [翻訳]
出版社 小学館 レーベル 小学館ジュニア文庫
本体価格
(予定)
730円 シリーズ
ページ数 200p Cコード 8297
発売予定日 2022-07-15 ジャンル 児童/新書/外国文学小説
ISBN 9784092314139 判型 新書(B40)
内容紹介
地球を支配するのは、人間? 恐竜!?

恐竜がアメリカ本土に放たれてから4年――。
すでに地球上のいたるところで恐竜の姿をみるようになった。
まさに地球全体が「ジュラシック・ワールド」となってしまい、
生態系の変化にともなう環境破壊は深刻な問題となっていた。

いっぽう、オーウェンとクレアは、恐竜の保護活動をしながら、ロックウッド財団の孫娘メイジーをふたりで育てていた。どうやらメイジーには、見つかってはまずい秘密があるらしい。
また、かつてオーウェンが調教していたヴェロキラプトルのブルーには、ブルーそっくりの子どもが生まれていた。
ある日、ブルーの子どもとメイジーが、何者かに狙われ、さらわれてしまう。

果たして、メイジーとブルーの子どもは無事なのか。
そして、環境破壊が進む地球はどうなるのか。
恐竜と人間は、このまま共存していけるのか――。
壮大なシリーズがついに完結します!
目次
他の書籍を検索する