『ドラえもん探究ワールド 地理が学べる世界の家づくり』の詳細情報

ドラえもん探究ワールド 地理が学べる世界の家づくり
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ドラえもん探究ワールド 地理が学べる世界の家づくり
サブタイトル
著者 [著者区分]■藤子・ F・不二雄 [著・文・その他]
■藤子・F・ 不二雄 [著・文・その他]
■藤子・F・ 不二雄 [著・文・その他]
■藤子・F・ 不二雄 [著・文・その他]
出版社 小学館 レーベル ビッグ・コロタン
本体価格
(予定)
850円 シリーズ
ページ数 196p Cコード 8676
発売予定日 2021-02-17 ジャンル 児童/図鑑/諸芸・娯楽
ISBN 9784092591820 判型 B6
内容紹介
その土地に適応した家づくりのひみつを知る

暑かったり、寒かったりすると、服を脱ぎ着して調節しますが、家も同じように、雨、風、雪、暑さ、寒さ、乾燥など、その土地の気候風土に合わせてさまざまなくふうがこらされてきました。逆に、その見事なくふうを見ると、その土地の気候風土がわかります。
そんな伝統的なすまいを日本と世界の各地域からピックアップ。ユニークな家を見るうちに、日本や世界の地理が楽しく学べます。

たとえば、日本では、

☆豪雪に負けない家
☆洪水に備えた家
☆台風をやりすごす家
☆暑さを和らげる家

など、地方の気候に合わせた家のくふうを紹介。

また、世界では、

★分解して持ち運べる家(モンゴルなど)
★土の中に住む家(中国)
★植物でつくった浮島に住む(ペルー)
★屋根も壁も全部葉っぱの家(カメルーン)
★雪のブロックでできた家(カナダ)
★竹かごみたいな家(エチオピア)

などバラエティーに富んだ家があります。

気候風土に適した家を通すと、その土地のくらしに理解が深まり、もっと地理が好きになれます。

















































【編集担当からのおすすめ情報】
その土地にあるものを使い、気候風土に合わせた家を作り上げるくふうは、どの土地の家を見てもとても興味深く、見飽きないものがあります。残念ながら、伝統的な家は減ってきているようですが、いろいろな意味でエコだったりして、持続的発展という面からも学ぶことは多いと思います。でも、ただ見るだけでもユニークで面白いので、訪れたことのない土地の風土が想像され、自然と地理に親しめます。
目次
他の書籍を検索する