『ドラえもん探究ワールド 食料とおいしさの未来』の詳細情報

ドラえもん探究ワールド 食料とおいしさの未来
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ドラえもん探究ワールド 食料とおいしさの未来
サブタイトル
著者 [著者区分]■藤子・F・ 不二雄 [著・文・その他]
■藤子・F・ 不二雄 [著・文・その他]
■農研機構 [監修]
出版社 小学館 レーベル ビッグ・コロタン
本体価格
(予定)
850円 シリーズ
ページ数 192p Cコード 8676
発売予定日 2021-09-22 ジャンル 児童/図鑑/諸芸・娯楽
ISBN 9784092591967 判型 B6
内容紹介
知って食べたら もっとおいしい!

無人田植え機や植物工場、3Dフードプリンターなどが開発され、
ドラえもんが生まれた22世紀の社会に、どんどん近づいている!
おいしい野菜や果物もたくさん登場し、日本の品種に世界が注目!
一方で、「2050年に世界は食料不足になる」という心配があり……。
今こそ、ドラえもんといっしょに「食の未来」をたのしく学ぼう!

【こんな「食」について探究!】
◆スマート農業って?
◆植物工場の仕組みは?
◆食料自給率ってなに?
◆知っておきたい世界の穀物事情
◆くらべてみよう日本の給食&世界のごはん
◆昆虫食や代用肉って?
◆アニマルウェルフェアって?
◆信長が家康と食べたごはんは?
◆安心も育てる「種苗管理センター」って?
◆未来のための「ジーンバンク」とは? ……などなど



【編集担当からのおすすめ情報】
食品・農業などに関する日本最大の研究機関、「農研機構」が全面協力!
「植物工場」「ジーンバンク」「栽培試験ほ場」などの施設を、じっくり取材しました。
知られざる「品種保護Gメン」の仕事や、「ゲノム編集と遺伝子組み換え」のちがいなど、専門家に直接聞いたからこそわかることをナゾトキしています。
大人が読んでも「なるほど!」がいっぱいです。
目次
他の書籍を検索する