『ドラえもん探究ワールド 本の歴史と未来』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ドラえもん探究ワールド 本の歴史と未来
サブタイトル
著者 [著者区分]藤子・F・ 不二雄 [著・文・その他]
出版社 小学館 レーベル ビッグ・コロタン
本体価格
(予定)
850円 シリーズ
ページ数 196p Cコード 8676
発売予定日 2022-11-16 ジャンル 児童/図鑑/諸芸・娯楽
ISBN 9784092592094 判型 B6
内容紹介
本と人類、5000年の歴史と今がわかる!

ドラえもんのまんがには、「本」にまつわるお話がたくさん出てきます。まず、のび太はまんがが大好き。フニャコフニャ夫先生はじめ人気まんが家が話題を集め、ジャイアンの妹のジャイ子がまんが家志望なのも有名な話です。まんがばかりではありません。日頃は文字の本なんて読まないのび太が、寝るのも忘れて小説に熱中するエピソードもあります。自らも読書家だった藤子・F・不二雄先生の、本に対する愛を感じずにいられません。
ドラえもんのまんがと記事で探究学習をする人気シリーズ。今回は、本にまつわるまんがとともに、記事では本の歴史と本に関わる職業を紹介します。
はるかな昔、人類がまだ「本」どころか文字も持たなかった時代から始まり、粘土板、木、骨とさまざまな記録媒体が登場し、ついに紙が誕生。そこから数百年を経て、印刷技術を手に入れた人類は、ついに今日のような「本」を生み出します。人類と本の5000年の歴史をこの本で振り返ってみましょう。
また、現代の本がどのように作られ、どのように読者の元に届くのか。まんが家や編集者、印刷会社、書店の仕事も解説しています。
本に興味があるすべての人にぜひ読んでほしい1冊です。

【編集担当からのおすすめ情報】
編集者になるぐらいなのでもともと本が好きです。本の歴史にも本の構造にも興味がありました。でも、今回の本を作るうえであらためて調べてみて、「本」について知らなかったことがたくさんわかりました。ぜひ皆さんも楽しんでください。
歴史の観点でも、現代の職業の観点でも、「だんだん本ができあがっていく」過程には、本を作る側としてだけでなく、本を読む側としてもワクワクします。
また、「まんが原稿のつくられ方」では、藤子・F・不二雄先生が残された、貴重なネームや下描きも掲載しています。藤子・F・不二雄ファンとしてはそこもときめきポイントです。
目次
他の書籍を検索する