『老いを楽しく手なずけよう ~軽やかに生きる55のヒント ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 老いを楽しく手なずけよう
サブタイトル 軽やかに生きる55のヒント
著者 [著者区分]吉永 みち子 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
1400円 シリーズ 単行本
ページ数 224p Cコード 0095
発売予定日 2022-09-08 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784120055713 判型 46
内容紹介
老いの入り口からまっただ中へ、歩みを進める70代。からだと心、お金や暮らし、家族やペットなど気になることは多々あれど、焦らず気負わず、おおらかに、たくさん笑って過ごしたい。
人生の終い方を考え、日々の楽しみを見出すヒント満載のエッセイ集。

『老いの世も目線を変えれば面白い』を全面改稿し、書き下ろし数編を追加して再編集した最新エッセイ。
目次
著者略歴(吉永 みち子)
吉永みち子
1950年埼玉県生まれ。東京外国語大学卒業後、競馬専門紙「勝馬」の記者となる。吉永正人騎手と結婚後、『気がつけば騎手の女房』を発表し、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。ノンフィクション作家としての執筆活動を続ける。テレビコメンテーターと活躍するとともに、政府税制調査会などの委員を歴任。現在は、映画倫理委員会副委員長、民間放送教育協会会長、日本年金機構理事などをつとめる。著書に『試練は女のダイヤモンド』『終活にハマる女たち』『増補文庫版 怖いもの知らずの女たち』などがある。
他の書籍を検索する