『文城 ~夢幻の町 ~ 』の詳細情報

文城
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 文城
サブタイトル 夢幻の町
著者 [著者区分]■余華 [著・文・その他]
■飯塚容 [翻訳]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
4000円 シリーズ 単行本
ページ数 448p Cコード 0097
発売予定日 2022-10-20 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784120055843 判型 46
内容紹介
生まれたばかりの娘を置いて妻はどこへ消えたのか。清末民初の革命吹き荒れる中国を舞台に、現代中国を代表する作家・余華が描いた男と女の慟哭の物語。東山彰良氏感嘆。
目次
著者略歴(余華)
余華
1960年生まれ。両親の職場の病院内で、人間の死を身近に感じながら育つ。78年から歯科医となるが性に合わず、文学創作を始める。89年には文学創作を学んでいた北京で天安門事件に遭遇した。91年に初の長篇『雨に呼ぶ声』を発表、張芸謀監督により映画化された『活きる』(92年)や、『兄弟』(2005-06)などの小説で中国を代表する作家の一人となった。また、『ほんとうの中国の話をしよう』(10年)などのエッセイでは社会問題について積極的に発言している。98年にグランザネ・カブール賞(イタリア)、04年にフランス芸術文化勲章を受章。
著者略歴(飯塚容)
1954年生まれ。東京都立大学大学院修了、中央大学文学部教授。中央大学杉並高等学校校長を兼務。専門は中国近現代文学および演劇。訳書に、高行健『霊山』『ある男の聖書』『母』(集英社)、余華『活きる』(角川書店)、『ほんとうの中国の話をしよう』『血を売る男』『死者たちの七日間』(河出書房新社)、鉄凝『大浴女』(中央公論新社)、蘇童『河・岸』(白水社)、閻連科『父を想う』(河出書房新社)、畢飛宇『ブラインド・マッサージ』(白水社)など。2011年に中華図書特殊貢献賞を受賞。
他の書籍を検索する