『アイルランド現代史 ~独立と紛争、そしてリベラルな富裕国へ ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル アイルランド現代史
サブタイトル 独立と紛争、そしてリベラルな富裕国へ
著者 [著者区分]北野 充 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
900円 シリーズ 中公新書
ページ数 296p Cコード 1222
発売予定日 2022-09-20 ジャンル 教養/新書/外国歴史
ISBN 9784121027177 判型 新書(B40)
内容紹介
多彩なビールやウイスキー、作家・ジョイスの祖国、ラグビー強豪国としても知られるアイルランド。同国は約七〇〇年のイギリス支配の後、一九二二年に独立を勝ち取るも、貧困や人口流出、北アイルランド紛争などの困難に直面してきた。しかし、一九九〇年代半ばからの高度経済成長を経て、リベラルな富裕国となった。アイルランドはいかにして変身を遂げたのか。独立後の現代を中心に、苦心と奮闘の歴史を辿る。
目次
著者略歴(北野 充)
北野充
1957年、東京都生まれ。1980年、東京大学文学部卒業。同年、外務省入省。1997年、ジュネーブ大学(国際問題高等研究所)修士。在アメリカ合衆国日本国大使館公使(広報文化担当)、外務省軍縮不拡散・科学部長、在ウィーン国際機関日本政府代表部特命全権大使などを経て、2019年より現職。著書に『ビジネスパーソンのためのツイッター時代の個人「発信」力』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2010年)、『パブリック・ディプロマシー戦略』(教編著、2014年、PHP研究所)、『核拡散防止の比較政治』(ミネルヴァ書房、2016年)など。
他の書籍を検索する