『カラー版 キリスト教美術史 ~東方正教会とカトリックの二大潮流 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル カラー版 キリスト教美術史
サブタイトル 東方正教会とカトリックの二大潮流
著者 [著者区分]瀧口 美香 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
960円 シリーズ 中公新書
ページ数 224p Cコード 1271
発売予定日 2022-09-20 ジャンル 教養/新書/絵画・彫刻
ISBN 9784121027184 判型 新書(B40)
内容紹介
ローマ帝国下、信仰表示や葬礼を目的としたキリスト教美術が成立。やがて4世紀にローマ帝国が東西に分割されたことによって、二大潮流が形成される。一方は、1000年にわたり不変の様式美を誇ったビザンティン美術、もう一方は、カロリング朝、オットー朝、ロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロックと変革を続けたローマン・カトリック美術である。本書は、絢爛たるキリスト教美術の歴史を一望。100点以上の図版をフルカラーで解説する。
目次
著者略歴(瀧口 美香)
瀧口美香
1966年東京都生まれ. 早稲田大学大学院博士課程修了. ロンドン大学コートールド研究所にて博士号取得. ビザンティン美術史専攻. シリア, ヨルダンの舗床モザイク, クレタ島のフレスコ壁画, セルビア, コソボ, マケドニアの聖堂装飾にも関心を持ち, 各国でフィールドワークを行っている.
著書に, “Some Greek Gospel Manuscripts in the British Library”(The Electronic British Library Journal, 2011), 『ビザンティン四福音書写本挿絵の研究』(創元社, 2012), 『初期キリスト教・ビザンティン図像学研究』(創元社, 2018)がある.
他の書籍を検索する