『アリバイ奪取 ~笹沢左保ミステリ短篇選 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル アリバイ奪取
サブタイトル 笹沢左保ミステリ短篇選
著者 [著者区分]■日下 三蔵 [編集]
■笹沢 左保 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
900円 シリーズ 中公文庫
ページ数 368p Cコード 1193
発売予定日 2022-09-21 ジャンル 教養/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784122072589 判型 文庫(A6)
内容紹介
没後20年。「木枯し紋次郎」だけじゃない、ミステリ作家の面目躍如。本格推理から、サスペンス、そして著者の真骨頂たる宿命小説まで、バラエティに富んだ作品8篇をセレクトする。

*収録作品

殺してやりたい

十五年は長すぎる

お嫁にゆけない

第三の被害者

不安な証言

鏡のない部屋

アリバイ奪取



「笹沢左保君の活動ぶりはまことに驚異である。ここに集録されている作品などは笹沢君の実力を示すものであろう。「鏡のない部屋」は醜女の悲劇を扱った傑作だ(中略)。それにしても笹沢君の力量は、はかり知れないものがある。現在、推理作家中、最も多作をしているようだが、それでいて、駄作が見当らないから敬服のほかはない。」(『鏡のない部屋』〈宝石社、1963年〉に寄せた江戸川乱歩のコメント)
目次
著者略歴(日下 三蔵)
日下三蔵 一九六八(昭和四十三)年、神奈川県生まれ。専修大学文学部卒。ミステリ・SF研究家、アンソロジスト。著書に『日本SF全集・総解説』(早川書房)、『ミステリ交差点』(本の雑誌社)。主な編書に「本格ミステリ・コレクション」(全六巻、河出文庫)、「ミステリ珍本全集」(全十二巻、戎光祥出版)、「日本SF傑作選」(全六巻、ハヤカワ文庫)など。編書『天城一の密室犯罪学教程』で第五回本格ミステリ大賞を受賞。
著者略歴(笹沢 左保)
笹沢左保
一九三〇年生まれ、横浜に育つ。郵政省簡易保険局に勤務し、交通事故で自宅療養中に執筆した『招かれざる客』でデビュー。六一年、『人喰い』で日本推理作家協会賞を受賞。以後、推理、現代、時代、歴史小説と幅広いジャンルで作品を発表し、一時代を画す。「木枯し紋次郎」など、確かな時代考証と推理小説的な手法を用いた独自の時代小説は、読者の圧倒的な支持を獲得。ほかに『六本木心中』『空白の起点』『真夜中の詩人』『私説国定忠治』『華麗なる地平線』『戦国孤影』など著書多数。二〇〇二年八月、肝臓癌と診断されるが延命治療を断り、十月に逝去。

日下三蔵
一九六八(昭和四十三)年、神奈川県生まれ。専修大学文学部卒。ミステリ・SF研究家、アンソロジスト。著書に『日本SF全集・総解説』(早川書房)、『ミステリ交差点』(本の雑誌社)。主な編書に「本格ミステリ・コレクション」(全六巻、河出文庫)、「ミステリ珍本全集」(全十二巻、戎光祥出版)、「日本SF傑作選」(全六巻、ハヤカワ文庫)など。編書『天城一の密室犯罪学教程』で第五回本格ミステリ大賞を受賞。
他の書籍を検索する