『マス・エンパシーの文化史 ~アメリカとソ連がつくった共感の時代 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル マス・エンパシーの文化史
サブタイトル アメリカとソ連がつくった共感の時代
著者 [著者区分]亀田 真澄 [著・文・その他]
出版社 東京大学出版会 レーベル
本体価格
(予定)
4500円 シリーズ
ページ数 228p Cコード 3022
発売予定日 2023-03-28 ジャンル 専門/単行本/外国歴史
ISBN 9784130261760 判型 A5
内容紹介
「共感する」ことは道徳的に正しいとする価値観がある現代社会。かつては危険だとされていた「共感」が、いつ有益となったのか、1930年代の国家による直接的・間接的プロパガンダとそれに対する人々の感情に分け入り、アメリカとソ連の歴史的・文化的な比較から明らかにする。 
目次
序論 ウクライナ侵攻から考える

第I部 増幅された共感
第1章 宣伝から生まれたマス・エンパシー
第2章 映画と共感
第3章 ラジオと共感

第II部 共感しあう国民
第4章 苦しみを社会化する
第5章 喜びを社会化する
第6章 憧れを社会化する

結論 マス・エンパシーの行き先
著者略歴(亀田 真澄)
中京大学国際学部講師
他の書籍を検索する