『NHK放送文化研究所年報2023 第66集』の詳細情報

NHK放送文化研究所年報2023 第66集
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル NHK放送文化研究所年報2023 第66集
サブタイトル
著者 [著者区分]NHK放送文化研究所 [編集]
出版社 NHK出版 レーベル
本体価格
(予定)
1900円 シリーズ
ページ数 424p Cコード 3065
発売予定日 2023-01-30 ジャンル 専門/単行本/交通・通信
ISBN 9784140072790 判型 B5
内容紹介
激動する現代の放送コンテンツを、毎年ビビッドなテーマで調査・分析した最新論考集!

掲載論文は以下の通り。

1. 沖縄の本土復帰とは何だったのか、これからの沖縄はどうなるのか
――NHKが、沖縄の本土復帰前から50年にわたり行ってきた世論調査。そこから窺える「本土復帰」についての論稿。

2. 東京オリンピック・パラリンピックに関する世論調査
――2016 年から7 回にわたりNHKが行ったオリンピック・パラリンピックについての世論調査を分析した論稿。

3.雑誌「放送教育」52 年から見るメディアでの学び
1949 年~2000 年まで52 年間に626 巻発行された雑誌「放送教育」。この雑誌を概括し、メディアと教育の関係について貴重な資料を提示する。

はじめに(NHK 放送文化研究所所長)千葉聡史
1. 沖縄の本土復帰とは何だったのか、これからの沖縄はどうなるのか
NHK は沖縄の本土復帰前から50 年にわたり、世論調査を行ってきた。その調査から見えてくる本土復帰について。
筆者:(世論調査部)中川和明
2. 東京オリンピック・パラリンピックに関する世論調査
NHK は2016 年から7 回にわたりオリンピック・パラリンピックについての世論調査を行った。その変遷から窺えるものは?
筆者:(計画管理部)斉藤孝信
3.雑誌「放送教育」52 年から見るメディアでの学び
1949 年~2000 年まで52 年間に626 巻発行された雑誌「放送教育」。ラジオ時代から1953 年以降のテレビ放送時代、ネット時代までの教育の変遷をこの雑誌から読み取る。
筆者:(メディア研究部)宇治橋祐之
目次
はじめに(NHK 放送文化研究所所長)千葉聡史
1. 沖縄の本土復帰とは何だったのか、これからの沖縄はどうなるのか
NHK は沖縄の本土復帰前から50 年にわたり、世論調査を行ってきた。その調査から見えてくる本土復帰について。
筆者:(世論調査部)中川和明
2. 東京オリンピック・パラリンピックに関する世論調査
NHK は2016 年から7 回にわたりオリンピック・パラリンピックについての世論調査を行った。その変遷から窺えるものは?
筆者:(計画管理部)斉藤孝信
3.雑誌「放送教育」52 年から見るメディアでの学び
1949 年~2000 年まで52 年間に626 巻発行された雑誌「放送教育」。ラジオ時代から1953 年以降のテレビ放送時代、ネット時代までの教育の変遷をこの雑誌から読み取る。
筆者:(メディア研究部)宇治橋祐之
他の書籍を検索する