『未知なる人体への旅 ~自然界と体の不思議な関係 ~ 』の詳細情報

未知なる人体への旅
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 未知なる人体への旅
サブタイトル 自然界と体の不思議な関係
著者 [著者区分]■ジョナサン・ライスマン [著・文・その他]
■羽田 詩津子 [翻訳]
出版社 NHK出版 レーベル
本体価格
(予定)
2300円 シリーズ
ページ数 344p Cコード 0098
発売予定日 2022-11-29 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784140819234 判型 46
内容紹介
世界を旅する現役医師が語る人体の驚異と奇跡の物語

仲野徹氏、ヤマザキマリ氏推薦!
「驚きの人体探検ツアー! ガイドは心優しき旅する医師」――仲野徹(医学研究者)
「地球という人体、人体という地球を生きることへの驚異と慈しみに満ちた物語」――ヤマザキマリ(漫画家・文筆家・画家)

血液は「体内を流れる川」であり、心臓は流れが滞らないよう指揮をとる。
脳は「自分だけの高い山」であり、人体にとっての奥深い展望台だ――

北極圏、ネパール高地、アメリカ先住民居留地など世界各地で医療活動をおこなってきた著者は、体内の器官を理解するために自然の生態系への深い知識が必要だと気づく。人間は自然という大きな「体」のひとつの器官であり、内臓どうしは体内の生態系として互いに連携してはたらいているのだ。
喉、心臓、脳、指など15の器官と体液を取りあげ、自然界を通して得た豊かな知識と深い洞察をもとに現役医師が語る人体の驚異と奇跡の物語。

はじめに――奥深い人体をめぐる旅
第1章 咽喉――身体が“生から抜け出る道”
第2章 心臓――健康を分刻みで守る最重要の臓器
第3章 便――内臓の重要な情報を伝える人体の廃棄物
第4章 生殖器――未来志向の特殊な器官
第5章 肝臓――体のゲートキーパー
第6章 松果体――睡眠の守護者
第7章 脳――世界を見るための深遠な展望台
第8章 皮膚――臓器の問題を映し出す鏡
第9章 尿――体内に広がる太古の海
第10章 脂肪――隠れたヒーロー
第11章 肺――汚染物質を防ぐ神聖なバリア
第12章 目――もっとも優美でもっとも脆い器官
第13章 粘液――病原体と闘う万能の防衛兵器
第14章 指――体内の重要な情報を知らせる末端部位
第15章 血液――全身に栄養を届ける貴重な体液
目次
はじめに――奥深い人体をめぐる旅
第1章 咽喉――身体が“生から抜け出る道”
第2章 心臓――健康を分刻みで守る最重要の臓器
第3章 便――内臓の重要な情報を伝える人体の廃棄物
第4章 生殖器――未来志向の特殊な器官
第5章 肝臓――体のゲートキーパー
第6章 松果体――睡眠の守護者
第7章 脳――世界を見るための深遠な展望台
第8章 皮膚――臓器の問題を映し出す鏡
第9章 尿――体内に広がる太古の海
第10章 脂肪――隠れたヒーロー
第11章 肺――汚染物質を防ぐ神聖なバリア
第12章 目――もっとも優美でもっとも脆い器官
第13章 粘液――病原体と闘う万能の防衛兵器
第14章 指――体内の重要な情報を知らせる末端部位
第15章 血液――全身に栄養を届ける貴重な体液
著者略歴(ジョナサン・ライスマン)
内科・小児科医師。北極圏や南極、ネパールの高地、アメリカ先住民居留地など世界各地で医療活動をおこなう。スペイン語とロシア語に通じ、健康と教育の向上を目指すインドのNPO代表を務める。自然と現代医療のつながりについて、ニューヨーク・タイムズ紙、ワシントン・ポスト紙、オンラインマガジン「スレート」などに多数寄稿。妻と子供たちとともにアメリカ、フィラデルフィア在住。本書は初の著作にあたる。
著者略歴(羽田 詩津子)
翻訳家。お茶の水女子大学英文科卒。訳書に『アクロイド殺し』アガサ・クリスティー(早川書房)、『歴史の証人 ホテル・リッツ』ティラー・J・マッツェオ(東京創元社)、『フランス女性の働き方』ミレイユ・ジュリアーノ(日本経済新聞出版社)、『ナチスから図書館を守った人たち』デイヴィッド・フィッシュマン(原書房)など多数。
他の書籍を検索する