『魔王の島』の詳細情報

魔王の島
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 魔王の島
サブタイトル
著者 [著者区分]■ジェローム・ルブリ [著・文・その他]
■坂田 雪子 [翻訳]
■青木 智美 [翻訳]
出版社 文藝春秋 レーベル
本体価格
(予定)
1100円 シリーズ 文春文庫
ページ数 480p Cコード 0197
発売予定日 2022-09-01 ジャンル 一般/文庫/外国文学小説
ISBN 9784167919399 判型 文庫(A6)
内容紹介
 ――彼女のはなしは信じるな。
 
 2019年度コニャック・ミステリ大賞受賞、
 幾重もの罠を張り巡らせた真のサイコ・ミステリー。

 祖母の訃報を受け、彼女は孤島に渡った。終戦直後に祖母とここで働き始めた者たちだけが住む島。本土への船が来る日までを島で過ごす彼女は、やがてこの島に漂う不吉な影に気づきはじめる。ここには何か忌まわしい過去がある。そして若き日の祖母の手記にも謎の「魔王」の影が……。

 島で行われていたというナチスの実験。
 この島に逗留し、やがて海で死んだ子供たち。
 何かを封じた開かずの扉。
 すべての核心となる「サンドリーヌの避難所」事件。

 積み重なる謎。高まりゆく不安と恐怖。

 誰かが誰かを欺こうとしている。
 誰が誰を欺こうとしているのか?
 いったい何が真実なのか?

 読めば読むほど深まる謎また謎。曲折しながら突進する行先不明のストーリー。反則スレスレの大驚愕。――この種の不敵なミステリーの名産地といえばフランス。そこから新たな鬼才が登場しました。不吉なイメージの乱舞と恐ろしい出来事の連打の中に編み込まれた幾重もの罠! 

『その女アレックス』のルメートル、『黒い睡蓮』のビュッシ、『パリのアパルトマン』のミュッソに続くフランスの刺客、ジェローム・ルブリ。その大胆不敵な怪技をご体験ください。


ジェローム・ルブリ Jérôme Loubry
1976年、フランス生まれ。外食業界で働くかたわら作家を志し、2017年に長編小説Les chiens de Détroitでデビューを果たす。『魔王の島』は第三長編で、コニャック・ミステリー・フェスティバルで授与されるコニャック・ミステリー大賞の受賞作となった。


目次
他の書籍を検索する