『図解 リューベック』の詳細情報

図解 リューベック
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 図解 リューベック
サブタイトル
著者 [著者区分]■ハインツ=ヨアヒム・ドレーガー [著・文・その他]
■中島大輔 [翻訳]
出版社 朝日出版社 レーベル
本体価格
(予定)
1818円 シリーズ
ページ数 92p Cコード 0098
発売予定日 2022-04-13 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784255012728 判型 A4変形
内容紹介
世界遺産のハンザ都市リューベックを、都市の成立から発展、市壁や市門による都市の防衛、教会の建築と構造、
数字に秘められた宗教的象徴、煉瓦ゴシック様式の商家の内部と建築様式の変遷、市場の営みなどから図解する。

中世から近世にかけて仲介貿易で繁栄をきわめたハンザ都市リューベックの市民生活が生き生きと浮かび上がる。
大人と子ども向けの格調高い絵本であり、美しく楽しい文化史入門。ハインツ=ヨアヒム・ドレーガーの代表作!


目次

はじめに
古(アルト)リューベック
今日のリューベック
市壁
ブルク門の防御施設
ホルステン門 1464年~78年
要塞
ホルステン門の防御施設 18世紀
ミューレン門(水車門)の防御施設 1560年頃
煉瓦─煉瓦ゴシックの建築材料
七つの塔の町
大聖堂
大聖堂地区
聖マリア教会

市庁舎
市場
街並み

建築様式入門

リューベックの歴史から
解説
目次
著者略歴(中島大輔)
1959年長野県生まれ。鹿児島大学法文学部教授(ドイツ文学、ドイツ都市文化史)。
主な論文「ジークフリート・レンツにおける『原点』」「交感の風景─アイヒェンドルフにおける風景と空間の構成─」他。
主な翻訳ハインツ=ヨアヒム・ドレーガー『トーアシュトラーセ 街並みに見るハンザ都市の歴史』(朝日出版社、2013年)。同『中世ハンザ都市のすがた コグ船と商人』(同、2016年)。
他の書籍を検索する