『人体の構造と機能[1] 解剖生理学 第11版』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 人体の構造と機能[1] 解剖生理学 第11版
サブタイトル
著者 [著者区分]坂井 建雄 [著・文・その他]
出版社 医学書院 レーベル
本体価格
(予定)
3800円 シリーズ 系統看護学講座(専門基礎分野)
ページ数 568p Cコード 3347
発売予定日 2022-01-31 ジャンル 専門/全書・双書/医学・歯学・薬学
ISBN 9784260046879 判型 B5
内容紹介
●解剖学と生理学を融合させ、カリキュラムに対応し、学生の理解をより促す構成となっています。
●人体を、そのはたらきからとらえ、器官系を有機的に結びつけた構成とすることによって、看護学生に必要な解剖学・生理学の知識を網羅し、かつ興味をもちながら体系的に理解できる内容を目ざしました。
●第1章は、器官系から人体を説きおこす新たな構成としました。人体にはさまざまな機能をもつ器官があることを説明し、人体の部位とも結びつけることで、人体のイメージを明確化します。また、ホメオスタシスの概念を、章全体で意識した記述としています。
●新設の第11章では、看護技術を理解するうえで重要な体表解剖を取り上げました。
●臨床での実践につながる解剖生理学の知識をコラム「臨床との関連」に記述し、臨床での実践を意識して学習できるよう各所に配置しました。解剖生理学を学習する動機づけと学習意欲の向上につなげます。
目次
他の書籍を検索する