『インサイドWindows 第7版 下』の詳細情報

インサイドWindows 第7版 下
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル インサイドWindows 第7版 下
サブタイトル
著者 [著者区分]■Alex Ionescu [著・文・その他]
■Andrea Allievi [著・文・その他]
■David A. Solomon [著・文・その他]
■Mark E. Russinovich [著・文・その他]
■山内 和朗 [翻訳]
出版社 日経BP レーベル
本体価格
(予定)
8000円 シリーズ
ページ数 960p Cコード 3004
発売予定日 2022-09-02 ジャンル 専門/単行本/情報科学
ISBN 9784296080205 判型 B5変形
内容紹介
 本書は2021年10月1日に発行された“Windows Internals, Part 2, 7th Edition”(Microsoft Press)の日本語訳です。本書の上巻の訳書『インサイドWindows 第7版 上』を2018年5月1日に発行してから4年以上の時を経て、ようやく下巻の訳書をお届けできました。
 本書は上級ITプロフェッショナル向けに、Windowsのコアコンポーネントが内部でどのように動作するのかを解説した最新の解説書の決定版です。本書により、経験豊富な開発者はより強力でスケーラブルなソフトウェアを開発でき、管理者はより複雑なシステムやパフォーマンスの問題をデバッグすることができ、セキュリティ研究者はシステムを堅牢にすることができます。
 第7版の下巻は、Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)までのWindows 10と、Windows Server 2016、2019、2022をカバーするように完全にアップデートされました。Hyper-Vに関する豊富なコンテンツを追加し、ブートプロセス、新しいストレージ技術、Windowsのシステムメカニズムと管理メカニズムに関する章を全面的に刷新しました。マイクロソフトのソースコードへの内部アクセスに裏付けられた圧倒的な洞察力と、最新のデバッグツールを用いた実践的な実習により、Windowsの内部の挙動を直接的に見ることができます。
 Windows 11はWindows 10と“同じコア技術”の上に新しいユーザーインターフェイスのデザインが導入されているため、読者は本書でWindows 11の新しいコンピューティングの始まりに十分に備えることができます。
目次
第8章 システムメカニズム
第9章 仮想化テクノロジ
第10章 管理、診断、トレース
第11章 キャッシュとファイルシステム
第12章 スタートアップとシャットダウン
著者略歴(Alex Ionescu)
低レベル(低水準)のシステムソフトウェア、カーネル開発、セキュリティトレーニング、およびリバースエンジニアリングに精通した世界的なセキュリティアーキテクトであり、コンサルタントのエキスパート。コンピューターサイエンスを学んでいた頃は、iPhone、iPad、AppleTVの開発当初のコアプラットフォームチームの一員として、AppleでiOSカーネル、ブートローダー、ドライバーの開発に携わっていた。
著者略歴(Andrea Allievi)
15年以上の経験を持つ、システムレベルの開発者であり、セキュリティ研究エンジニア。2016年にMicrosoft Threat Intelligence Center(MSTIC)グループのセキュリティリサーチエンジニアとしてマイクロソフトに入社し、2018年1月からマイクロソフトのカーネルセキュリティコアチームのシニアコアOSエンジニアとして、主にNTカーネルとセキュアカーネルのための新機能(RetpolineやSpeculation軽減策など)のメンテナンスと開発を行っている。
著者略歴(山内 和朗)
フリーランスのテクニカルライター。大手SIerのシステムエンジニア、IT専門誌の編集者、地方の中堅企業のシステム管理者を経て、2008年にフリーランスに。IT系のWebメディアへの寄稿(筆名:山市良)、ITベンダーのWebコンテンツの制作、技術文書(ホワイトペーパー)の執筆、オンラインセミナー登壇などを中心に活動。Microsoft MVP(2008-2023、Cloud and Datacenter Managementカテゴリ)を受賞。岩手県花巻市在住。主な著書・訳書に『Windows Server 2016テクノロジ入門 改訂新版』(日経BP、2019年)『インサイドWindows 第7版 上』(日経BP、2018年)などがある。
他の書籍を検索する