『SDGs、ESG経営に必須!多様性って何ですか?D&I、ジェンダー平等入門』の詳細情報

SDGs、ESG経営に必須!多様性って何ですか?D&I、ジェンダー平等入門
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル SDGs、ESG経営に必須!多様性って何ですか?D&I、ジェンダー平等入門
サブタイトル
著者 [著者区分]羽生 祥子 [著・文・その他]
出版社 日経BP レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 264p Cコード 0034
発売予定日 2022-01-15 ジャンル 一般/単行本/経営
ISBN 9784296111527 判型 46
内容紹介
多様性=ダイバーシティが今、組織に問われています。
ですが、日本の組織はなぜかダイバーシティが進みません。
特に苦手なのが、ジェンダー平等。企業を取材して分かった
「多様性に欠ける組織によくある言い訳ベスト5」は、これです。

1位「女性だけ特別視する必要あるの?」
2位「D&Iやって、経営が上向くのか?」
3位「管理職に該当する女性がいない」
4位「多様性はOKだが、女性活躍はNG」
5位「女性がみんな、バリバリ働きたいとは限らない」

それぞれの問いに、50のデータで答えていきましょう。

【読みどころ】
◎今さら聞けない…なぜ「多様性」が組織に必要なのか!?
◎50のデータで裏付け! D&Iが企業の成長につながるわけ
◎リーダー必読!経営戦略が成功したすごいダイバー推進企業事例
◎新コーポレートガバナンスで企業が対応すべき6つのこと


\何からやればいい? に答えます/
【多様性早見表】【女性活躍4タイプ】でチームのダイバー推進度を判定!


★推薦コメントも続々!★

「言い訳ばかりの上司に、必ず読ませてください。」
――サイボウズ社長 青野慶久
「多様性のある企業こそ成長する。その証明となる一冊だ。」
――アクセンチュア社長 江川昌史
「多様性は未来を突破する切り札だと、豊富な分析から確信しました。」
――日本総合研究所理事長 翁百合
目次
【1部 理論編】
多様性って何ですか? なぜ組織にダイバーシティが必要なのか
1章 世界に訪れた「多様性」の波 
   ~SDGsとダイバーシティ、政治・教育界の動き

・「多様性」が示すこと あなたの組織では何と言う?
・ダイバーシティ推進が、「働くママ支援室」だった頃
・SDGs17のゴールすべての礎になるのが、「多様性」
・政治の世界に見る「多様性確保」
・各国大使館が「男性だけの集会に不参加」宣言
・広告に、無意識のステレオタイプが入っていませんか?
・アンステレオタイプアライアンスという発信
・東大のジェンダー改革、阪大のダイバーシティ改革

2章 企業に求められるD&Iの変化
   ~コーポレートガバナンスに対応する経営戦略的多様性

・米国市場では「多様性確保」の義務や罰則が規定された
・取締役に女性と社会的少数派、2人以上登用義務
・コーポレートガバナンス・コードが2021年に改訂された
・ガバナンスが求める「企業における多様性確保」
・日本最大の機関投資家GPIFも重視するジェンダー多様性
・ジェンダーダイバーシティは環境に並ぶESG投資の柱

【キーパーソン対談1】
MSCIクライアントカバレッジ・エグゼクティブディレクター 杉原龍馬氏
「日本女性活躍指数」が企業の何を評価しているか聞いてみた

3章 国際比較から分かる、日本のダイバーシティの遅れ
   ~日本に押された「ジェンダー不平等国」の烙印

・ジェンダーギャップ指数120位/156カ国中
・国民の4人に3人が「男性のほうが優遇されている」と認識
・女性管理職比率、女性役員比率ともに低いレベル
・働く女性の声 「働く上での障害や壁は?」ランキング
・男女の週間労働時間分布の国際比較
・子育てと仕事の両立、スウェーデンと日本の比較
・人的資本への投資、国際比較で低い日本

【キーパーソン対談2】
国際通貨基金IMF前専務理事 クリスティーヌ・ラガルド氏
「日本の労働市場がジェンダー平等になったら?」と聞いてみた

4章 女性活躍が進まない「言い訳トップ5」
   ~なぜ日本の組織には多様性が欠けたままなのか?

・人事部、ダイバーシティ推進室は困っている!
・言い訳トップ1 「女性だけ特別視する必要、あるの?」
・言い訳トップ2 「D&Iやって、経営が上向くのか?」
・言い訳トップ3 「管理職に該当するような女性がいない」
・言い訳トップ4 「D&IはOKだけど、女性活躍はNGなんです」
・言い訳トップ5 「女性がみんな、バリバリ働きたいとは限らない」
・言い訳にどう対応するかを考えることが、企業のToDoになる

5章 今さら聞けない…多様性が組織に必要な理由
   ~成長戦略につながる根拠やデータ

・「女性だけ特別視をするのはおかしい」の罠
・国際的に見て、日本は組織内で「性別による役割」がある
・多様性が低い組織で起こる、危険な意思決定パターン
・ガバナンスの欠如がもたらす間違った判断
・女性リーダーだからコロナの対応が成功したのではない
・「実力主義なので」の前に、均等な機会を与えているか?
・ダイバーシティのある国や企業は、持続的に発展する
・「D&Iをやって経営が上向くのか?」に対するデータ
・女性活躍が進む企業ほど、純利益が上がる事実
・ダイバーシティ先進企業は株価で優位、投資家にも魅力
・女性が運用する投資パフォーマンスは遜色なく優位結果も
・ジェンダーダイバーシティはガバナンスの向上にも利点
・業績やガバナンスに多様性はメリット
・「女性活躍」を避けていてはダイバーシティが進まない
・「バリバリ働きたい人ばかりではない」のは男性も同じ

【2部 実践編】
ウチの会社、何から始めればいいですか? 企業の取り組み事例
1章 ウチの会社、何から手をつければいい?
   ~「多様性レベル」早見表、女性活躍4タイプ、D&I組織づくりリスト

・成功している企業には、取り組み方に共通点がある
・女性活躍=ワーキングママ支援から多様化への道は始まった
・あなたの組織はどのレベル? 多様性チェック【早見表】
【初級レベル】女性活躍・ワーママ支援は、重要な基礎工事
【中級レベル】働き方改革・男性育休は、価値観を変える川
【上級レベル】女性登用は、企業の本気を測るリトマス試験紙
【達人レベル】イノベーション風土は、時代を突破する鍵

【女性活躍4タイプ診断】 あなたの会社は何タイプ?
ワークライフバランスと女性管理職比率で分かる
 -ブラック型・男性中心組織
 -モーレツ型・ニセ女性活躍組織
 -マミートラック型・女性戦力外組織
 -イノベーション型・多様性組織

2章 制度は作ったのに、なぜ会社は変わらない?
   ~経営と現場、D&Iを定着させるToDoリスト

・度だけ導入しても、なぜ会社の雰囲気は変わらないのか?
・制度と風土、経営と現場の4ポイントを押さえているか?
D&Iが進まない原因1 経営層×制度ゾーン
D&Iが進まない原因2 経営層×風土ゾーン
D&Iが進まない原因3 現場×制度ゾーン
D&Iが進まない原因4 現場×風土ゾーン
D&I組織づくり事例 To Doチェックリスト
経営指針、数値目標、体制
経営層のマインドセット
従業員のエンパワーメント、エンゲージメント
働き方改革、勤務制度整備
より多様な視点、イノベーション、成長


3章 コーポレートガバナンス・コード改訂、女性活躍推進法改正
   ~ルールが変わった! 企業がやるべき6つのこと

・コーポレートガバナンス・コード改訂が企業に求めること
・企業の中核人材の多様性の確保
・女性活躍推進法改正で、中小企業も女性活躍に対応
・ダイバーシティに関する情報公開 好事例サンプル
 大和証券グループ
 アフラック

4章 先進企業は何をやっている? D&I取り組み事例
   ~グローバル先進企業はここまでやっている!

・日経WOMAN「女性が活躍する会社」歴代1位のすごい取り組み
【アクセンチュア】 15年以上積み重ねた女性育成&両立施策
 -ヒントは「トップから現場まで組織全体でKPI管理」
 -組織の変化に応じた4ステップで実行 I&D施策とは?
 -女性リーダーを輩出し続ける5つの取り組み
【日本IBM】 女性活躍の老舗 伸び悩みを乗り越えた秘策
 -ダイバーシティは正論。しかし経済状況が厳しくなると…
 -営業系コミュニティー、技術系コミュニティー
 -女性管理職比率が13%で踊り場、スポンサー役員を導入
 -ビジジネスど真ん中のポジションに女性任命、サポートする
【丸井グループ】 「しあわせの実現」とKPI管理で、成果を出す
-しっかり目標数値を掲げ、斬新な研修や勉強会で実績を出す
-新事業・イノベーションを起こすために「手挙げ、対話」の文化を

【キーパーソン対談3】
サイボウズ代表取締役社長 青野慶久氏
「仲良しこよしでは改革できない」。究極の多様性組織の実態を聞いてみた

5章 日経WOMAN「女性が活躍する会社BEST100」 
   ~働きがい、働きやすさの両視点で4つの部門賞

・522社からの回答を、4つの指標で採点
・外資系2強に、りそな、アフラック、資生堂、千葉銀が挑む
・管理職登用度部門では、女性役員比率を評価
・女性活躍部門1位に第一生命、東京海上、日立、三井住友海上
・ワークライフバランス度部門1位は、日本生命保険
・ダイバーシティ推進度部門1位は、NEC
・業種ごとに課題は違う。解決策を見抜こう
・勤続年数で、「働きやすさ」と「働きがい」を探る
・長く働く女性社員は社内に多くいるが…
・女性活躍推進の第一歩は、自社の身体測定から

6章 日経xwoman「女性取締役ランキング」
   ~上位企業、多様性ゼロ企業発表

・女性取締役ランキング発表、「育成不足」が浮き彫りに
・全取締役のうち、女性は12.6%にとどまる結果
・女性取締役比率ランキング 1位ローソン、2位資生堂
・内部昇格で代表取締役や常務に就任も
・90%が社外取締役 「数合わせの多様性」ではないか?
・「社外取」頼みから卒業しなければ、数合わせでしかない
・「多様性ゼロ企業」はどこ? 独自調査43社リスト公開
・ファストリ、信越、JR東海、キヤノンは5年間1人も女性取締役なし
・企業のパーパスを「見える化」させる
・「女性が輝く企業」と旗を振るだけではダメ
著者略歴(羽生 祥子)
日経BP 日経xwoman編集部 編集委員 京都大学農学部入学、総合人間学部卒業(文芸論主専攻、認知科学論副専攻)。2000年に卒業するも就職氷河期の波を受け渡仏。帰国後に無職、フリーランス、ベンチャー、契約社員、業務委託など多様な働き方を経験しながらサバイバル。2002年編集工学研究所に入社し松岡正剛に師事。「千夜千冊」「情報の歴史」に関わる。05年日経ホーム出版社(当時)入社。12年「日経マネー」副編集長。13年「日経DUAL(当時)」を創刊し編集長。18年「日経xwoman」を創刊し総編集長。20年「日経ウーマンエンパワーメントプロジェクト」始動。内閣府少子化対策大綱検討会、厚生労働省イクメンプロジェクト、東京都子供子育て会議の委員などを歴任し、働く女性や共働き家族の声を発信している。大学講師、企業セミナー、TV等出演多数。プライベートでは2児の母。趣味はピアノ、料理、水泳、筋トレ、金融の勉強。目下、グローバルの中で薄れつつある「日本の個性」に着目。
他の書籍を検索する