『シネシス ~生産性、品質、安全、信頼性を統合した組織の変化マネジメント ~ 』の詳細情報

シネシス
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル シネシス
サブタイトル 生産性、品質、安全、信頼性を統合した組織の変化マネジメント
著者 [著者区分]■エリック・ホルナゲル [著・文・その他]
■北村正晴 [翻訳]
■狩川大輔 [翻訳]
■高橋信 [翻訳]
出版社 海文堂出版 レーベル
本体価格
(予定)
2700円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 3050
発売予定日 2023-02-03 ジャンル 専門/単行本/工学・工学総記
ISBN 9784303729998 判型 A5
内容紹介
Safety-IIやレジリエンスエンジニアリングの提唱者として知られる著者が、シネシス(synesis、対象を統合する)という新しい概念を導入し、社会技術システムを基盤とする組織を対象として、断片化された視点を超え、VUCAの時代と呼ばれる不透明さに満ちた現実に対応するための、変化マネジメントの方策について考察する。
目次
第1章 断片化された視点
 1.1 序論
 1.2 生産性,品質,安全,信頼性
 1.3 断片化された視点の原点
 1.4 扱いやすい,扱いにくい,ならびに絡み合うシステム

第2章 断片化された視点の歴史的理由
 2.1 序論
 2.2 生産性
 2.3 品質
 2.4 安全
 2.5 信頼性
 2.6 共通のレガシー

第3章 断片化された視点の心理的理由
 3.1 序論
 3.2 心理的要因による断片化の結果
 3.3 シネシス(Synesis)―深さより広さ優先

第4章 変化マネジメントの基礎
 4.1 序論
 4.2 航海のメタファー
 4.3 定常状態マネジメントと変化マネジメント
 4.4 変化マネジメントの神話

第5章 断片化された変化マネジメント
 5.1 序論
 5.2 生産性をマネジメントする
 5.3 品質をマネジメントする
 5.4 安全をマネジメントする
 5.5 信頼性をマネジメントする
 5.6 変化マネジメントを考える際の断片化
 5.7 変化の必要性
 5.8 断片化がもたらす課題

第6章 シネシス的な変化マネジメント
 6.1 序論
 6.2 関心対象の断片化を扱う
 6.3 視野の断片化を扱う
 6.4 時間の断片化を扱う
 6.5 システムに変化を与える際の基本的ダイナミクス

第7章 必要な知識のネクサス
 7.1 序論
 7.2 システムに関する知識
 7.3 変動性に関する知識
 7.4 パフォーマンスパターンに関する知識
 7.5 結びの言葉
他の書籍を検索する